サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

18日、両神山へいってきました(日向大谷から往復)

まずですね、紅葉なんですけど、早かったです。稜線に出るとだいぶ 色づいているのですが、肝心の沢筋がまだ青い。再来週までいくかど うかはわからんけど、来週あたりまで待たないといい具合にはならな いでしょう。
別の年は11月7日にいってもう紅葉には遅かったから、例年3週目 4週目あたりで当たるんだと思います。



今回は僕の発案なんですけど、なんで両神山にしたのか、今となって は思い出せない。相棒が行きたいって話してたんで、じゃあ両神って ことで、多分その位で決まったんだと思います。

両神山は僕のところからだとぐるっと回り込まないといけない。左へ 回ると200キロ近く距離があるし、右回りはオール一般道だからどっ ちも時間がかかる。距離のわりに遠い山です。朝出で登るにはちょい とつらい。
(僕にとっては)都合のいいことに、清滝小屋が避難小屋になった。 あそこへ泊まってのんびりやりたいところなのですが、もっといいの は登山口に宿がある。あそこに前夜入って宿泊、翌日山へとりつくと いう優雅なプランだ。だが、そういうプランは家族の都合上許さなく なったし、実際そういう優雅なプランにつきあってくれる人はそうそ ういない。深田さんの時代は優雅だったなあ、とつくづく思う。あの 埼玉の果てみたいな山も、道路の発展で日帰りの山になった。だけど それは結局山旅の満足度を下げるだけの行為のような気がする。その 満足度が下がった分を数で満たして、多く登った方が勝ち、みたいな 風潮を作り上げてしまったのだと思う。

どこか、「日帰りの山は日帰りで登らなければならない」みたいな不 文律があって、僕のまわりの人もやっぱりそれを期待している。1泊 2日の山は1泊2日。ガイドブックのモデルプラン通りにしか登れな いし、1泊2日取れるのなら別の山にしよう、になる。だけど、ガイ ドブックの通りにしか登らないのは、創造的な登山からは遠い行為の ような気がしてならない。そこが結局、深田さん自身と、深田病の人 の書く文章の質の違いになって表れるのだと、僕は思った。


いつか、あの清滝小屋をベースにして、あそこで泊まって両神山の山 頂に立ってやろう、と思っていたが、とにかく今度も日帰りになった。 三峰口の駅で1人拾ったので登山口が9時。紅葉の時期だからもう駐 車場はいっぱいかと危惧されましたが、第3駐車場は2台だけでだい ぶ余裕がありました。

日向大谷口の登山道は沢筋の綺麗な登山道。点在する石碑の間を歩い ていって、八海山のところで尾根にのぼる。小屋の目の前に質のいい 水場。あの小屋はどうしても泊まってみたいと思わせる位置にあるよ うに思った。

小屋をすぎると尾根までは胸突きののぼり。尾根へ出ると今度はロー プの連続ですが、これは前にも書いたとおり難しいのは1箇所でそれ も特に危険とは思えない。斜度を緩めると鳥居をくぐって神社のわき へ出ます。
展望は樹林が切れるところがありますが、基本的には山頂のみ。富士 山はうっすらでしたが、北アっぽいのまでよく見えました。でも山頂 の展望盤の「御嶽山」はちょっと眉唾のような気がします。奥秩父の 山は指呼ですがどれがどれかといわれると、あの方角は見慣れないの で同定は難しいように思いました。

帰りは往路を下山します。出発も遅かったので日没ぎりぎり。ヘッド ライトは思わず点検してしまいましたが、今回はなんとか出番なしで 帰ってこれました。

写真 駐車場はここを使いました。大きい車はとめられません
写真 第3駐車場からなので、少し車道を歩きます。あと登山口の目の前にも5台か10台かとめられる区画があります
写真
写真
写真 登山口をくぐるとすぐ鳥居が出てきます。信仰の山で、2つの神様で両神山、という説と、八日見山が転化して両神山になったという説がありますが、僕は後者を支持します
写真
写真
写真 なんか、新緑みたいですね。
写真
写真
写真
写真
写真
写真 清滝小屋から紅葉。この位しか撮れませんでした。
写真
写真
写真
写真
写真
写真 こう見ると西上州っぽい雰囲気もあります

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 日向大谷−会所−清滝小屋−両神神社−山頂 往復
地図 Yahoo! 両神山
地形図 両神山
難易度 おそらく、登山地図に記載された「鎖場連続」を気にしている方が多いと思いますが、結論からいえばたいしたことはありません。鎖のかかっている場所の大半は鎖が必要ない程度のものです。1箇所だけ鎖がないと難しそうなところがありますが、これは上を見て右側に足場が多いので、右側の足場を使って上へあがり、左に手を伸ばして鎖をつかみます。難易度的には、丹沢表尾根の行者岳直下の鎖場を、高さを半分にしたくらいです。ですので、行者岳が問題なく通過できる人なら問題なくいけるでしょう。もし仮にこの鎖場からおっこっても、命を失うようなダメージを負うことはないと思います。
山頂直下は土地所有の問題で登山道が錯綜している場所がありますが、基本的には稜線伝いですので稜線を伝ってください。
所要時間 日向大谷−会所 30分
会所−清滝小屋 1時間40分
清滝小屋−両神神社 1時間10分
両神神社−山頂 30分
日帰りとしては結構登り甲斐がありますが、さりとて宿泊にはちょっと短い、という微妙な距離です。
他の季節 不明。正直、僕が知りたいくらいなのです。
トイレ 登山口に新しくできました。清滝小屋にあり
水場 清滝小屋にあります
避難小屋 ありません
幕営適地 なし
交通 駐車場は小さく休日はいっぱいになってしまうことがあります。大型車はとめられません。トレーラはここに道の駅がありますので、ここを利用してください。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口にポストが新設されました。用紙筆記用具備え付け
問合せ先・参考文献 小鹿野町役場
その他  
このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net