サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   
写真 広河原のゲート。右端の狭い場所を通り抜ける。登山道はゲートをくぐってすぐ左のつり橋を渡る。
写真 二俣よりやや下から大樺沢(おおかんばさわ)を見る。
このあたりから木が薄くなり、もう少しいくと視界が開ける。
正面が八本歯のコル。右側が北岳だ。
写真 同じく大樺沢からの写真。
写真 二俣付近から北岳。
写真 大崩壊地付近。渡渉して一旦右岸に渡る。
写真 二俣から今きた道を見る。正面は鳳凰三山・アサヨ峰。右の広い河原は沢で、登山道は左の草が生えていないところ。休憩している人の隣を歩く。
写真 同じく二俣付近から。左の白いのは雪渓。
写真 もう少し上へいったところ。超広角レンズのため高度感が出ていないが、相当の急斜面。左の雪渓を滑るには、スキーで言えば上級技術が必要だ。
写真 バットレス沢を見上げる。山頂は霧の中。左の人は水汲み中。
写真 これが反対を向いてとった写真。おおむね沢から離れるあたり。二俣は左の稜線を辿った下あたり、大樺沢は正面の山の麓あたりにある。正面はアサヨ峰。
写真 これは北岳と北岳山荘との分岐。八本歯からあがってくると、ここに荷物を置いて山頂を往復するのが普通。標高は約3100mだ。
写真 こんな高度感でした。
花のほうは若干咲いてはいるものの・・・・
写真 北岳山頂。ピークの形状は意外と普通。
ここからの展望は凄いんだってさ。残念ながら天候には恵まれなかったけど。
写真 このご一行について北岳を降りる。
先に見えている一番低いところが北岳分岐で、あそこに僕の荷物は置いてある。
荷物を回収したら、むこうに見えている小ピークをこえて、その先の北岳山荘方面へ行く。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net