サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

栂池いってきました。(栂ノ森−天狗原 往復)

えっと、最寄のICはたぶん豊科ICで、栂池は白馬よりまだ北ですから だいぶ走ります。僕らは糸魚川ICを使って南下します。
ゴンドラは8時から営業なので、8時まで待ってゴンドラに乗る(往復 2500円でちょっと高いです)で、終点の栂ノ森でおろされまして、ど こからとりつくんだろうと思案してちょっとぐるぐるしたら、はっきりし たトレースがついていましたのでここから入ります。あとはこのトレース にしたがって栂池自然園のロープウェイ終点まで。(ロープウェイは運行 していません。歩いて1時間か1時間30分くらいの登りです)
栂池自然園まであがってくると、左手には白馬三山、右手には妙高と火打 山がよく見えます。
自然園の湿原のほうへは行かず、天狗原までのぼってみます。そこそこ斜 度があるので、あんまりスノーシューって感じじゃなかったなあ。僕らは 結局つぼ足で歩いて登りましたが、トレースの上はほとんど沈むことがあ りませんでした。スキーとかスノボーとかの人が大半でした。

絶好の好天に恵まれましたが、40分くらいで登れるであろう白馬乗鞍岳 まではいかず、岩陰でツェルトかぶっておにぎりをかじった後、アイゼン をつけて(!)下山にかかりました。

栂池へはやまほど人が入ってまして、都合4,50人くらいとすれ違った でしょうかねえ。冬の北アルプスって感じじゃなかったな。
白馬の山頂は雲に覆われて雪煙が舞ってましたが、乗鞍岳のほうは結局1 日中青空で…ちょっと後悔。
写真 全然関係ありませんが、前日の日本海の海。きれいでした
写真 親不知の夕日。手持ちだったのでちょっと水平線が傾いてしまいました
写真
写真 こんなところをあがっていきます。ちょっと右の斜面がイヤな感じなので、あまり立ち止まらず間隔をあけていいきます
写真 サングラスまたはゴーグルは必需品ですので忘れないよう。
雪目はつらいぞ〜
写真
写真 上のほうに建物がみえてきたら栂池自然園は間近
写真 なんかスキー場みたいに跡がいっぱいついちゃってます。入山者はかなり多いです
写真 八方尾根をのぞみます。右手が白馬岳ですが、白馬はこの写真には写ってません
写真 えっと、中央の台地が天狗原です。右の小山はちょっと高いようにみえますが、天狗原とほとんど標高は一緒の無名ピークです
写真 白馬岳方向。左にのびている尾根の末端の、一番右端に写っている山が唐松岳。中央が五竜岳で、左奥のピークが2つある山が鹿島槍ヶ岳だと思います。
白馬岳はもうちょっと右側になります
写真 こんな天気のいい日は爽快ですが、ガスで視界がきかない日はつらいと思いますので…この日も白馬岳がガスで覆われたので、安全を考慮して早めに下山してきました(スキーの人はあっという間におりられるけど、歩きだからそんなに簡単にはおりられないしね)
写真 北アルプスの展望。
この日は八ヶ岳のほうまで全部みえていました。さすがに富士山や南アルプスまでは見えなかったようですが…
写真 白馬乗鞍岳方面をみます
写真 ちょっと風が強かったのでツェルトをかぶって食事にしました。この時期は必携ですので。
写真 白馬岳
写真
写真 白馬岳雪煙。
空が真っ青ならかっこよかったんだけど、これじゃあねえ…
写真 下の方は天気は1日もってくれました。栂池ヒュッテのわきで長休止しました。
写真 白馬乗鞍岳(中央)
左がたぶん小蓮華山だと思います。好天にめぐまれましたが、なんか周囲の景色がスキー場みたいです。
写真 写真もとりますからねえ。
雪景色をきれいに撮るときはプラスに補正するのが基本なんですけど、そうすると空の色がとんでしまうので、僕はマイナス補正することもあります。デジカメはその場で失敗を確認できるので、露出に対する感覚を養ってみましょう
写真 えっと…ここはオフピステです。バックカントリーっていまブームなんですかねえ。人の多さにびっくりしましたよ。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 栂の森−天狗原 往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ☆☆。好天をつかまえればさほど難しくないと思いますが、雪崩があってもおかしくな い場所だし、北アルプスだから好天に恵まれる日もそんなに多くはないだろうね… 基本的な読図力はどっちしても必要です。
所要時間 栂の森−ロープウェイ終点 1H30
ロープウェイ終点−天狗原 1H
天狗原−白馬乗鞍岳 推定40分
他の季節 白馬岳へ行った感覚からいって、10月の初旬あたりはぎりぎり無雪期で、10月下旬には いつ雪が降ってもおかしくないと思う。GWあたりまでは積雪があるものと思います。冬季 は北アルプス北部ということを考えれば、あまり晴天に恵まれることはないでしょう。 地元の話によれば、スノーシューの適期は、3〜5月くらいとされているようです。
5月くらいにはロープウェイも動きます。無雪期はむしろ観光地の一角という感じで、 登山と呼べるほどのものではなくなりますが、標高の高い場所なので防寒具などはしっ かりした装備でのぞみたいものです。
トイレ 栂池ゴンドラ乗り場にあるのが最後です。
水場 無雪期には天狗原のあたりで水が手に入るようですが、この時期は雪の下。
避難小屋 ありません
幕営適地 栂池自然園の栂池ヒュッテ付近。天狗原まで上がると風に叩かれるので辛いと思います。
交通 栂池スキー場の駐車場を利用します。バスもあるみたいです。駐車場まで舗装
登山計画書 ゴンドラのチケット売り場のわきに、ゴンドラ下車口や更衣室のある建物があるのですが、 この建物の出口のところにポストがあり、用紙も備え付けです。筆記用具はもう完全に丸 まっててちょっと書くのがしんどいような状態でしたが、一応備え付けられています。 冬山ですので、忘れずに提出してからおでかけください。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 スノーシューのフィールドというよりは、山スキーのフィールドでした。スノーシューで 楽しむには天狗原までいくと斜度があってしんどいと思うので、栂池自然園の湿原の方を 1周するほうが楽しいでしょう

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net