サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

毛無山〜雨ヶ岳〜竜ヶ岳、と縦走してきました。キツかった〜

7:00 毛無山臨時駐車場
7:20頃 毛無山登山口
7:31 1合目
7:41 2合目
7:52 3合目
8:05 4合目
8:44 7合目
9:45〜10:40 毛無山山頂
12:10頃 雨ヶ岳
13:17 端足峠
13:56 竜ヶ岳
15:07 本栖湖


まずは本栖湖(竜ヶ岳登山口)までいきまして自転車をデポして毛無山登山口へ向かう。ぐるぐるして駐車場を探し回った挙句、どうも登山口からかなり離れた臨時ナントカとかいうのが駐車場らしいことを発見して車を停め登山口へ。なんと登山口に駐車場が〜ありました〜(T_T)
20分ばかりの徒歩とひきかえに駐車場代を浮かせまして、はじめは沢筋の人工林の林道っぽいところから上がっていく。すぐ砂防堰堤をこえまして河原へ出たところで地蔵峠と毛無山との分岐。当然ここは毛無山方向へ向かいまして、すぐ尾根へのっかる。すぐに落葉樹にかわりまして振り向くと富士山が真正面。尾根の方はほとんどバカ尾根状態で代わり映えのない単調な登り。少し尾根を外したりしながらずっと登っていくが、今日は距離が長いから、と思って用意した軽登山靴が大外れ。靴擦れ寸前状態だったので一旦靴紐を緩め、それでもあまり具合がよくないようなので7合半あたりで一旦脱いで放湿。直上の展望台では大無間、山伏、十枚〜青笹稜線の展望。9合目先にもう1箇所南ア方面の展望が得られるところがあるが、主稜線はすべてガスの中。八つは心の中で見るような状態で、金峰〜瑞垣ははっきり見える。雪はほとんどついていないようにも見えたが・・・瑞垣はほとんど夏道状態だと聞いています。
あとはめぼしいところは茅が岳でしょうか。

昼食を取った後雨が岳方面へ縦走するが、笹の方は刈り払われてしまって登山道は明瞭・・・何しにきたんだろう。1ヶ所入る尾根を間違えそうになるが素直に踏み跡を信用して辿るのが正解。1921ピークは標識も何もない峰で、ここから先が非常に悪く凍結している。笹の下に氷がいるあたりはまだ可愛くて、土がそのままガチガチに凍っていて表面だけ解けた状態のような場所を踏んで何度か転倒する。1時間程度かと思われた毛無山〜雨ヶ岳間がかなり時間がかかり、そしてその奥の500mの下りが悪く、氷を避けて土が出ているところへ足を載せた瞬間足を持っていかれ、倒木にしこたま膝をぶつける。わずか10mそこそこの下りのためにアイゼンを装着し、数分後すぐ外してさらに下る。うんざりするほど下って端足峠からの最後の登り。取り付きに立ってみると、そこには100mはあろうかという(実際地図見ると100mあるんだけどさ)階段の直登。なんでこんな登山道のつけかたするねーん!!

もう最後足にきてひいひい言いながら登っていき、最後は長袖を脱いでTシャツ1枚状態。とりあえず水を口に含み残りの150mを登って1年3ヶ月ぶりの竜ヶ岳に登頂。今日は誰もいない。

富士山も南アもガスの中なので今日はさっさと下り。昨年なかった新しいルートが切り開かれたようで、ここを辿ったら少し手前に出すぎてしまった。自転車を止めた登山口まで歩き、毛無山登山口まで小一時間の輪行。荷物を背負っての本栖湖からの登りはキツく、腰骨の上にもろに荷重がかかる姿勢を続けたら腰が痛くなってしまった。



毛無山〜雨ヶ岳〜端足峠間:

 踏み跡が薄いところもあるので初心者にはおすすめできないが、笹をこぐようなところは皆無。一般ルートと呼ぶにはちょっと苦しいか?
 忠実に稜線を辿ればいいので迷うところはないと思う。

写真 左端が毛無山のピーク。
写真 こちらは5合目。シュールな道標がまた・・・
写真 登山道途中からはこんな感じ。
写真 毛無山山頂からの富士山の展望
写真 雨が岳山頂
写真 雨ヶ岳山頂から高テッキ方面を振り返る
写真 竜ヶ岳山頂直下ののぼり階段・・・はぁ
写真 竜ヶ岳山頂から雨ヶ岳(右)、毛無山(左)を見る

写真
毛無山山頂付近から見る富士山。(Kashmirにて作成)大沢崩れが真正面に見える。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 本栖湖〜竜ヶ岳〜端足峠〜毛無山〜毛無山登山口
地図 Google 毛無山
地形図 人穴
難易度 毛無山〜竜ヶ岳間は刈り払いされており特に難しいところはないと思います。
とはいえ、常時刈り払いされているとは限りませんので・・・
所要時間 麓〜毛無山 3H30
毛無山〜タカデッキ 1H10
タカデッキ〜雨ヶ岳 45分
雨ヶ岳〜端足峠 1H20
端足峠〜竜ヶ岳 1H15
竜ヶ岳〜本栖湖 2H
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 毛無山登山口・山頂ともありません。麓集落地内に1つありますが場所がわかりづらいです
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 毛無山山頂、雨ヶ岳山頂、竜ヶ岳山頂
交通 どちらの登山口にも駐車場はあるが、このルートはバスで車回収できないのでタクシーを頼む か自転車を使うことになると思う。駐車場まで舗装
竜ヶ岳登山口はトレーラもOK。駐車場まで舗装
毛無山登山口はトレーラ不可だが隣がオートキャンプ場につき。
登山計画書 竜ヶ岳登山口で提出可
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 3月24日現在稜線には積雪があり凍結していました。
積雪のひどいときには笹に雪が覆い被さって登山道を塞いでいることもあるようですので、
積雪期にはこのルートは熟考が必要かと思います。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net