サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

日曜日は長者ヶ岳・天子ヶ岳へいってきました。

http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-mm.cgi?mesh=5338041&res=0&offset=0&method=l?21,1189

8時ちょうどに田貫湖より入山。モノラックの脇の中登からスタートする。左は植林、 右は落葉樹。
白くなった北の毛無山を見ながらおよそ12分で750の分岐。
98年冬に倒壊した休憩所跡地(今は跡形もなく片付けられている)を過ぎるとまも なくモノラックが途切れ、やがて両側が明るくなる。1000m地点の分岐は南面が 開かれており田貫湖の展望。田貫湖へ下りるルートは実際には出だしが地形図とは少 し違う登山道のつき方をしている。
1100のあたりから雪がではじめるが、雪というよりも雪の上に雨がふって表面が 解けたのが再凍結したような、どうにも手に負えない状態。登りなのでとりあえずア イゼンなしで行く。桜の木の間をあがり長者ヶ岳へ。
富士山の展望は途中からもあるが樹林の間からになり、きれいに見えるのは山頂から だけ。この日は富士山の山頂は雲の中で、あとは大室山(子抱き富士の方)、十二ヶ 岳方面。愛鷹山方面は見づらく、西側はほとんど展望なし。北西方向に登山道がつい ており、ここから少しだけ七面山と三石山らしきピークが望める。
ここから南へ縦走するが、積雪は浅いのですぐバリバリという感じの雪に変わり、そ して土が見え始める。凍結した部分が4割で土が出ている部分が6割といった様相で、 おそらく例年だとアイゼンは要らないような感じなのだろう。アイゼンをつけない方 がよさそうな感じではあったが、つけてしまったのでそのままいく。稜線はブナ林、 となっているが、さほど太いものは見当たらず、新緑と紅葉の時期に色づく程度と思う。
長者ヶ岳と天子ヶ岳の鞍部付近を過ぎる頃からは西方向への展望もではじめるが西方 向は七面山のガレや山伏のピークがはっきり見えた程度。その上の稜線は霞に溶けて はっきりせず、その奥は真っ白。(カシミールで確認したところ実際にはその奥の主 稜線は山陰になってしまいほとんど見えない模様)
いったん高台に上がったあと少し下りはじめて、あれピークとおりすぎてないか?と 思って立ち止まったところに天子ヶ岳の山頂標識。最高点には標識はない模様。少し 下へ下りたところにやや広いスペースがあり、ここで休憩。西側は開けており、富士 山のある東側は樹林の中。1分ばかり歩くと展望台がある。
食事にしていると日がかげってきてかなり冷え込む。かなり強い冬型が入っていて、 太平洋側まで影響している様子。座ってくつろいだりするには少し辛い気候なので食 事を済ませたら早々に下山開始。2分もいかないうちに全面土になってしまったので ここでアイゼンをはずすが、その奥で急降下する登山道のつづらになった北向き部分 だけ凍結していて少し難儀する。その急な下りが終了する頃人工林も戻ってきて幅広 の歩きやすい遊歩道に変わる。左の林道を探してみたがだいぶ下についているようで 尾根上からは見えず、ロスタイムを使い果たす頃林道へ出た。
ここを左へ行き、Y字路で舗装道路へ出たところにバス通りへ向かう道が地図にはか かれているのだがこの道がみつからず、右へ向かって橋の先から真東に向かって斜面 を強引に登る。登りきったところが車道、と読んだのだが、登り切ったところはほそー い踏み跡。「はぐれないようにねー」と注意してさらに西へ向かうと、3m先が車道 だった。

田貫湖までは、やや嫌な道歩きを小一時間こなして車を回収。
天子方面から登る場合駐車場確保はかなり難しい模様。

区切り線

*この山行のデータ(2007.3.10修正)* データの見方
ルート 田貫湖〜長者ヶ岳〜天子ヶ岳〜林道〜田貫湖
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 特に難しいところや危険なところはありません。無雪期の登山適期は4月〜11月
所要時間 田貫湖→長者ヶ岳 2H30 長者→天子 40分 天子→林道 1H 林道→田貫湖 1H
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にはありませんが、5分くらい奥へいった田貫湖キャンプ場のひろい駐車場にあります。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 天子ヶ岳山頂、長者ヶ岳山頂とも幕営するだけのスペースはあります。
交通 バスは冬季は走っていないみたい。車は田貫湖に駐車場・駐車スペースともあり。天子ヶ岳方面は駐車場ない模様。駐車場まで舗装
トレーラ不可
バスコン不可
キャブコン可
登山計画書 出せません。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 桜の季節がいいと思いますが、僕の手元の本には意外と花の多い山と書いてある

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net