サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
写真
富士山。

2000.12.27 高川山・岩殿山

2名

高川山といえば、標高1000mに満たない山ながらあっちから登ってこっちへ下り る縦走スタイルが楽しめる山。交通至便にて、そして山頂からは360度の展望とい うことで、今大きく売り出されている山です。
岩殿山は前面に大きな岩が張り出した山で、大月の少し東京よりから北に見える格好 いい山。
今回は、この2つをあわせて登ってきました。

中央線初狩駅を午前7時に下りまして、初狩駅は事前に駐車場調査済みなのでルート も迷わず登山口へ進む。登山口までは要所に標識があり、迷うことはない。墓の横を 抜けたあたりで林道らしくなるが、一応舗装されている。ここから10分ほどスギ林 の中を歩くとしいたけ栽培場に出る。駅からここまで30分とのことだが、今回は歩 みが遅いのか、少し余計に時間がかかっている。
本来はここから左へ入るはずだったのだが、少々踏み跡が明瞭でないのと、危険につ き沢沿いをおすすめします、とのことだったので沢沿いを歩く。周囲は明るいがまだ 日があがっておらず、かなり手が冷たい。レイングローブからフリース手袋に交換し まして、やや暗い林道を登っていくが、いまだ舗装・・・椎茸栽培場から山頂までは 1時間とのことだったが、そのうちの30分以上歩いてようやく土を踏むことになる。 本峰はずっと見えないが、沢筋で右に見えるピークが890mなので、本峰はそれよ り100m位高い計算とすれば、およそどの程度上がったかすぐに推測がつく。この 両ピークの間のコル近くへ一旦出たあたりで登山道は左右へ分岐するが、一応一般的 ルートとして、ここで左へ入る。枯れ葉が大きく積もっており登山道が少々わかりに くくなっている。後から来る人のために少し払いのけながらの登高。登山道で土が出 ている場所にはかなり硬い霜柱がついている。乗ったときにサクサクいうあれではな く、バキバキと音を立てるかなり強度的に優れたやつだ。展望のほうは沢筋なのでほ とんど展望はなかったが、このあたりから富士山が大きく見えてくる。今日は時間も 早いので空気も澄んでおり、物凄く綺麗に見えている。
山頂直下は少々急だと聞いていたが、そんなことはなく割合楽々山頂に立つ。
山頂までは1時間30分のCTで、1時間50分程度のみちのりだった。
富士山の展望はよく聞いていたが、真っ白な間ノ岳、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳とが山陰 から見える。はじめは金峰山かな、と思ったのだが、山頂の標識で確認。もう少し右 方向の稜線が2000m級の山々だろう。日陰の方に少し白いものが見えている。
日があたる場所ではあるが、カメラの電池出力がおもいきりドロップしてしまい、ほ とんどフィルムを巻けていない。ポケットで温めたりはしていたのだが、いよいよダ メ。手で温めて回復を図るがアルカリ電池では、この気温では辛い。残念ながら回復せず最 終兵器単3リチウム電池が登場。6本で2400円の代物だ。
展望の方は話通りのまさに360度。とはいっても、もう少し標高が欲しい気もする。 同じ360度でもいささか力感に欠けるのだ。

下りは当然のことながら富士急側へ下りるが、登山口までは50分くらい。あっとい う間だが、登山道先でかなりガサガサしている。一瞬黒いものが見えたような気がし たので立ち止まるが、熊ではなく猿だった。とりあえずは向こうの方から避けている ようなので、無視して先へ進む。こちらはかなり標高を落とすので、のぼりはきつい だろう。

駅へ下りてきたところで、丁度電車が出て行った。45分ばかり次の電車を待って、 大月駅へ戻り、岩殿山の山頂でお昼にした。
岩殿山は山頂までほぼコンクリの階段を登るだけで、山というよりはちょっとした 高台、といった感じだ。

写真 駅から見る滝子山。いつかは!
写真 発砲注意である。
写真 しいたけほだ場
写真 正面が8XXピーク(右)と山頂(左)のコル。あれと同じ位の高さまであがったら、左へ登山道が折れる。
写真 高川山からの富士山
写真 高川山山頂。記帳ノートあり
写真
写真 高川山山頂付近。山梨にはこういう山が多いですね。
写真 おそらく高川山稜線だと思うのですが・・・・
写真 岩殿山から見る富士山です。夕方は逆光になります。
写真 岩殿山山頂
写真 岩殿山山頂付近
写真 岩殿山の登山道?はこんな感じ。
写真
写真 高川山の山頂方向。駅近くから撮影。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 初狩駅〜高川山〜 忘れた駅
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 難しいところはありません。割ととりつきやすい山
岩殿山は稚児落としで死亡事故もおきているので要注意。
所要時間 かなり余裕のある日帰り。のぼり2時間+くらい
岩殿山はのぼり30分程度
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 高川山は駅にあるのが最後。
岩殿山は中間にあり
水場 ありません
避難小屋 なし
幕営適地 なし
交通 駐車場まったくなし。
岩殿山は公園駐車場あり。キャブコン可トレーラ不可
登山計画書 駅で出せます
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net