サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日30日、三つ峠へいってきました(達磨石より往復)

御坂山塊は富士山より造成が古く富士の成長を見届けてきた山塊とい われているが、なかで最も高いピークが三つ峠である。山頂にアンテ ナの類が張り巡らされていることから考えても展望は一級で富士山が 最も綺麗に見える山として有名であるが、一方花の名山という個性も 持っている。今日は、展望は絶望的だが、花の写真を撮りにあがって みることにした。

三つ峠といえば、1時間ばかり車も通れるほどの道を歩けばハイ山頂、 というイメージが強いわけだが、それはあくまでも裏口である。反対 側の表側にちゃんとした登山道がついており、駅名も三つ峠である。 駅から普通に歩くことはできるが、車の入れる達磨石まで小一時間の 舗装道路歩き。さすがにこれは省略したい。達磨石まで車で入る。

表口の登山道を歩く人はさほど多くはないが、がしかし、こちらを歩 いた方がなかなかいい気分になれることだろう。

例によって登山口ゲートの少し下の広いスペースに車をとめる。とめ られる台数はあまり多くはなさそうだが、ここが一杯だったことはな い。すぐ登山道に入り、樹林の中の見通しのきかないルートになる。 いくら雲が出て涼しくなったとはいえ、8月のこのあついさなか。斜 度はきつくないのだが汗は凄い状態になっている。注意してみている と花は結構一杯出ているようだが、今日の目的はそれじゃない。もう ちょっと頑張って、1時間きっかりで馬返しへ出る。ここから八十八 大師まではいよいよ斜度を強める。八十八大師をすぎると斜度は楽に なりトラバース気味に左へ回る。ただし、八十八大師から先は少し登 山道が荒れている。初心者単独ではちょっと心もとないが、さりとて 臆するほどは荒れているわけではない。要所には注意や道標が立って いる。

ほどなくして岩場の基部へ出てくると、小屋は目の前。階段をあがり、 小屋から15分ほどあがったところが山頂になる。山頂は南面の展望 があるが、今日はまっしらである。山頂少し下で今日のお目当てのマ ツムシソウをみつけた。が、曇天でシャッタースピードが稼げず写真 にならない。三脚を持ってくるべきだった。

こんな季節のこんな天気の日に上がってくる人はいないとみえて、山 頂はひとりじめ。少し落ち着いたあと往路を下る。結局、登山口で1 人とすれ違っただけだった。

写真 駐車スペースはこんな感じ。10台くらいでしょうかねえ。でも、ここに車がとまっていたことは記憶にないな。
写真 少し舗装道路を歩きます
写真
写真 はいろいろ咲いてました
写真 登山道のはじまり
写真 整備状況はいいと思います
写真 少しがんばると大曲へでてきます
写真 森林
写真 同じく朝のひざし
写真 馬返しです。ベンチがあります。
写真
写真 道標は要所にたっています
写真
ソバナだっけ?
写真 ホタルブクロっていったっけ?
写真 八十八大師
写真 へやってきました
写真 キノコがではじめています。これのほかにもいたのですが、手ぶれしちゃってとても写真にならんかった
写真
写真
写真 ガスがあがってきます
写真 ガス
写真
写真
写真 おまたせしましたマツムシソウの時間です
写真
写真
写真
写真 山頂へでました
写真
写真
写真
写真
写真 アザミです。もう終了っぽいかんじでした
写真
写真
写真 あっ
写真 また器用なところに出てきたね
写真 じろじろしちるの
写真
写真
写真
写真
写真 この花かわいいよね

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 達磨石−馬返し−八十八大師−四季楽園−三つ峠 往復
地図 2万5千分の1地形図 河口湖東部。昭文社だと富士山になります。
Yahoo! 三つ峠
地形図 河口湖東部
難易度 登山道は別段難しいところはなく、初心者でも大丈夫です。
所要時間 達磨石−馬返し 1時間半
馬返し−八十八大師 30分
八十八大師−四季楽園 30分
四季楽園−三つ峠 15分
他の季節 達磨石からのルートは南面になるのであまり積雪はありませんが、日陰は   凍っていることが多いので、12月を過ぎたらアイゼンを持参した方がい いでしょう。積雪が多いのは3月いっぱい位までだと思います。季節は、 空気が澄んで富士山がよく見えてくる、10月以降から春先くらいまでが おすすめですが、夏場は結構いろんな花が咲く花の山でもあるので、暑い ときと寒いときと、2回くらいは足を運んでもいいかもしれません
トイレ 駐車場にあり綺麗。山頂のトイレもきれいそうだった。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 富士急線三つ峠駅から徒歩。40分くらい。車の場合は達磨石直下まで車で入れますが、大きい車は無理です。トレーラは道の駅富士吉田を使用してください。駐車場まで舗装
登山計画書 達磨石にポストあり
問合せ先・参考文献 西桂町役場
http://www.town.nishikatsura.yamanashi.jp/forms/top/top.aspx
その他
このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net