サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

5日、九鬼山へいってきました(田野倉駅から往復)
5日、御坂黒岳へいってきました(御坂トンネル南側坑口から往復)

12月に入ったので新しい写真撮影です。九鬼山は大月近郊の比較的名の とおった低山です。駅から歩ける山で登山口は猿橋駅、田野倉駅、禾生駅 から出てます。駅から歩けるので当然電車でいけばいいのですが、うちか ら中央線…乗り換え6回か?ありえないな。当然、車です。

登山地図には駐車場が書かれておらず、地域柄駐車スペースはきわめて限 られますが、駅で駐車場を貸してくれます(有料)少なくとも田野倉駅で は貸してくれますし、禾生駅でも過去に借りた記憶がうっすらとあります。 あとはどこへ縦走して電車で戻ってくるのも自由です。

もう1箇所、この場所
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F35%2F7.034&lon=138%2F56%2F24.732&layer=0&sc=2&mode=map&size=s&pointer=on&p=&type=static&CE.x=331&CE.y=247
に車を止めることができます。かなり大きい車もとめられます。山奥で何 も書いてなかったから多分OKだと思うのですが、私有地である可能性も 若干あるので自己責任でお願いします。

車さえ止められれば、あとは難しいところはありません。林道を50分ば かり歩いて、登山道を東へ10分歩くと札金峠の南で稜線に出ます。少し 色温度の低い明るい道は東へ巻いていきます。山の北側で日陰のトラバー スになるので、降雪後しばらくはアイゼンが必要な場所です。西南方へ急 登をあがると山頂へでます。
山頂からの富士山は枝がだいぶ伸びてしまったようで残念ですが、山頂か ら3分ばかり南へ下ったところで展望がひらけます。山頂にも地図にも案 内が書いてないので、北側からきた場合、九鬼山はこんなものなのかあ、 とがっかりせずに少し南側へ足を伸ばしてください。

帰りはわけあって往路を下山しました。
積雪はありませんが、山中湖の三国峠をこえるにはスタッドレスタイヤが 必要です。


続いて夜の部です。夜の部ってなんだよ。今頃になって言ってもアレなの ですが、黒岳の南側5分の展望台からの展望台がいちばんきれいだとかな んとか言ってた人がいたから…それって5年くらい前の話?
というわけで、御坂トンネル南側坑口へやってきたのですが、駐車場があ りません。止めようと思ってたところには私有地駐車不可なんて書いてあ りました。なんかないかなあと思って車を進めるのですが、ないですね。 駐車場のない山へはいかないのがポリシーですが、ここまでやってきてひ きかえすわけにもいきません。ないので、すこーしだけ路肩が出ていると ころを選んで路駐でDです。

登山口を14時にスタートしまして、北へ歩くこと2分。案内図があると ころ、道標がありませんがここが分岐です。まずこの分岐を間違える人は 黒岳登山はやめた方がいいでしょう。ルート的に、少しテープを拾わない といけないところもあるので、まあ初心者くらいなら大丈夫と思いますが、 ずぶの素人向けではありません。
坑口の上を抜けると登山道は沢の中へ入ります。ふみ跡がややはっきりし ませんが、沢の中だからヘッドライトでも問題なく帰ってこれるだろうと 踏みました。登山道はけっこうな急登でやがて階段が出てきます。沢を離 れて尾根へ向かって道が折れるところまでが50分。雷を切って尾根へ出 るまでの急登が20分、尾根を歩いて20分で、稜線の分岐までが1時間 30分でいいでしょう。
手元の昭文社の地図には分岐注意と書かれていますが、この分岐、はっき りいって上から下りてきたら(日中でも)見落として通過する可能性が大 です。道標はありませんし、しかもふみ跡が不明瞭です。さらにこの時期 落ち葉が積もって…なので、この道を下る際には、分岐のところでよくふ りかえってよく地形を覚えておく必要があります。御坂峠→黒岳→板取沢 の周回コースは、とらない方が安全で(たぶん)逆方向がいいです。誰か ここへ行った際には道標つけてやってください。
1554付近はちょっと2,3歩岩の上を歩くようなところがあって、無 雪期は別段たいしたことないですが、ベルグラになってたりすると少し厄 介かもしれません。
1554先のロープはたいしたことはありませんが、相変わらずひたすら な急登です。気づいた時には足が攣ってました。まいったなあ地図見ても あと50mくらいの標高差だし、山頂らしきものはそこに見えているのに。 まだ日没まで1時間くらいあるから、だましだまし登って…
で、展望台らしきところに荷物をおいて、山頂を往復します。

帰りはもちろん真っ暗なので時間がかかります。分岐は問題なく曲がれた のですが、板取沢の下のほうの、渡渉するところで道をロストしてしまい ます。谷の中だからせいぜい10m幅のどっかに登山道はあるはずなので すが、夜中だからそれがみつからない。あんまりウロウロして傷口を広げ ると危ないので、もうちょっと見回してみてみつからなければビバークか なあ、と思ったところで踏み跡に出会いました。無事その日のうちに下山 できましたが、ほうとうの営業時間には間に合わず…スーパーで刺身買っ て夕食にしたら、これがあたってしまい、結局一晩というかまだ苦しんで ます。あんまりこんなことやってると、いつか命落としそうだ。

いまのところ積雪はありません。

区切り線

*九鬼山の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 田野倉駅〜札金峠〜九鬼山 往復
地図 Yahoo! 九鬼山
地形図 都留
難易度 とくに難しいところはありません。
所要時間 駅からのぼり2時間+程度。くだり1H20
他の季節 通年でほとんど積雪はありませんが、本文のとおり北面を通るので降雪後しばらくは軽アイゼンが必要になります。夏は暑いと思います。
トイレ 田野倉駅
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 830付近に適地あり
交通 本文のとおり。駐車場まで舗装
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

区切り線

*黒岳(御坂黒岳)の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 御坂トンネル南側坑口−板取沢−黒岳 往復
地図 Yahoo! 黒岳
地形図 河口湖東部
難易度 本文のとおり、多少の登山経験は必要です。分岐のところは特に注意してください
所要時間 御坂トンネル坑口−分岐 1H30
分岐−黒岳 1H
他の季節 2002年1月にいったときは、黒岳の周辺だけ20〜30センチくらいの積雪があったので、少なくとも標高1700m付近には冬場年があけた頃になると積雪があることがあると考えていいと思います。今回は12初で、積雪はありませんでした。時期は展望に優れる秋口以降がいいでしょう。
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 展望台近くに1張り張れる場所がありました。ほか山頂でも幕営可能です。それより下は適地と呼べるような場所はないと思います。
交通 富士吉田駅から三つ峠入口までバスが出ています。
車のほうが格段に楽ですが、駐車スペースは路肩で、それも1台か2台くらいでしょう。駐車場まで舗装
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net