サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

18日、平標山(たいらっぴょうやま)へいってきました。 名前がすてきだし、花の名山だから、多分知っている人の方が多い 山だと思います。

平標登山口はR17の2桁国道沿い。火打8号のわきの3車線になって いるところのわきに駐車場があります。駐車場はトイレありで、地図に は150台と書いてありますが、もうちょっと少ない感じです。この日 はあきがありましたが、シーズンになると一杯になる可能性もあります。 登山口で集合して、平元新道の方へ歩きます。小一時間は林道を歩いて、 3キロ半くらいのところに看板が立っており、登山道のとりつきが左に 見えます。で、平元新道は急登の階段。途中で雨具をきこんで、しんど い登りをこなすこと、これも1時間くらいで平標山の家のわきに出ます。 平標山の家のわきからは仙ノ倉山が見えますが、肝心の平標は手前のニ セピークに阻まれてみることができません。
山ノ家から平標山までは、そこそこの登りですが、樹林の上ですから天 気が良ければいい気分でしょう。この間はイワカガミの群落みたいです。 平標山へきて、雨ふってますのでツェルトをかぶって休憩。で、平標か ら仙ノ倉方向の最低鞍部まで歩いてお花は見るのですが、仙ノ倉山まで はいきません。ハクサンイチゲの群落になってました。あれ、8月の花 なのかと思ってたよ。
帰りは松手山方向へ下ります。松手山までは、はれてさえいれば気分の いい道ですが、ここからがすごかった。樹林の中のドロドロの道で、愚 直にまっすぐ下るからえらい急な下り。送電鉄塔を過ぎて、道が雷を切 りはじめるとほどなく林道につきあたります。登りが3H30くらいか かるから、下りも2H半くらいかかります。

写真 登山口の駐車場はこんな感じ
写真 駐車場のトイレ。電話があってタクシーも呼べます。
写真
写真 林道を歩いていきます。きれいな林道で歩きやすいと思います
写真
写真 ここが登山道のとりつき
写真 はいはーい階段ですからね
写真 ツマトリソウって言ったかな?
写真
写真 平標山ノ家のわきに出てきました
写真 平標山ノ家の全景
写真 こんなところを上がっていくので、いい気分になれるでしょう。晴れていれば。
写真 苗場山です。山頂の少し傾いた平らな湿原が見てとれます
写真 山頂
写真 仙ノ倉山とハクサンイチゲ
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 平標山です
写真
写真
写真
写真
写真 木道があって
写真 チドリ
写真
写真
写真
写真
写真
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 平標登山口−平標山ノ家−平標山−仙ノ倉山手前鞍部−平標山−松手山−登山口
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 登山道自体はかなりはっきりしており難しいところや迷うところはありません。谷川〜平標周辺の稜線は日本海側と太平洋側のちょうど中間に位置しますので天気が急変しやすく必ず非常装備を持っておでかけするようにしてください。体力的には正直少々厳しいのではないかと思いますが、平標山ノ家に泊まって1泊2日での登山なら初心者でもこなせる範囲でしょう。
所要時間 登山口→松手山 2時間 松手山→平標山1時間 平標山→仙ノ倉山50分 仙ノ倉山→平標山45分 平標山→山ノ家30分 山ノ家→林道45分 林道→登山口40分
他の季節 不明。10月はまだ無雪期。冬場はとんでもない積雪になる山
トイレ 登山口のトイレは男女別。綺麗に整備されているが駐車場の大きさに比して小さいと思う。平標山ノ家にある以外山中にはない。
水場 不明
避難小屋 調査できませんでした。エビス平の小屋は仙ノ倉山から万太郎山方面にかなり下らないといけないため、一般に仙ノ倉往復には使いづらいと思います。初日さらに先の避難小屋に入れれば、2日目谷川岳まで縦走することも十分可能なのでそっちの方向で検討するのもいいのではないかと思います。
(2008.11追記)
でもって、エビスの避難小屋はカマボコで宿泊にはまずまずと思います。水場はありません。
http://tozan.net/tozan/tanigawa/0306taira/index.html
でも書きましたが、平標登山口側から仙ノ倉へやってきて、1泊するにはあまりにも無駄に下りすぎます。鞍部に建ってるから、掛け値なしに240m下ります。
幕営適地 国立公園内のため幕営できません。
交通 越後湯沢からバスが出ています。駐車場は観光バスサイズを無理やりつっこんでましたが、基本的にマイクロくらいを入れるのが限界くらいで設計されていると思います。
トレーラ可だが駐車場が結構一杯になるので前夜入ってそのまま出せる位置に駐車スペースを確保するのが大前提。駐車場まで舗装。
キャブコン可。たぶんアメリカンクラスCとかでも結構いけると思う。でも子連れで登れるほど甘い山ではないのも事実。
登山計画書 登山口にポストあり用紙備え付け。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net