サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
一部登山道がはっきりしないバリエーションルートになります。
相応の技術と装備で挑戦してください。
15〜16日で
西丹沢のはずれにある鳥の胸山(とんのむねやま)、菰釣山(こもつ るしやま)を歩いてきました。

地図 中川
http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-mm.cgi?mesh=5339103&x=-1&y=-1
御正体山
http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-mm.cgi?mesh=5338174&res=0&offset=0&method=l?18,1061

例によって道の駅どうしに車をとめて、グリーンロッヂへ向かったの ですが、登山口にたどり着くまえにいきなり遭難して本来予定してい た登山口ではなく946ピークと鳥の胸山にはさまれた谷を登る林道 に出てしまったらしい。とりあえずここを小一時間トボトボと歩いて 860m付近の林道が大きく折れる地点(水線は書かれてないが水は 流れている)の少し先で林道を離れ右側へ登る。880m付近で登山 道と思われた道は消えたのでこのまままっすぐ上へ登り、900m付 近で再び林道とぶつかる。 前回 とまったくおなじ間違いをしてまったく同じ場所へ出たので、もう道 が消えても迷わず植林の浅い谷の中へヒョイと入り込んで道のないと ころを登っていく。
入り込んだ谷が消える950よりも少し左側の930付近で、鳥の胸 山からまっすぐ西へ向かう尾根にのっかるが、ここに正規の登山道が ついている。当然いままで踏み跡らしきものはなかったわけだが、こ こはしっかり踏まれており雪が硬くなってちょいとばかり歩きづらい。 真新しい足跡はなく、今日は誰も入っていない模様。
人工林の一本調子な尾根を登っていくと、1080〜1100付近に 「あと15分」の標識が出てくる。これをこえるとまもなく鳥の胸山 北西の1050の小ピークに出る。ここで植生はブナなどの落葉樹に 変わり展望も一変。1050〜1060付近はちょいと細くなってい て厳しいがここだけ慎重にいき、奥まったところのピークを踏む。
鳥ノ胸山の東側は植林。西側は展望が開けており、天気のいいときで あれば富士山がよく見えるのであるが、残念なことに今日は真っ白。 おまけに雪まで降り始めてきた。
周囲の山がほとんど見えない過酷な条件の中、ここからバリエーショ ンルートに踏み出す。踏み跡らしきものはあるのだが、おそらくそう 遠いところまでは行ってないだろうと読みコンパスをあわせ高度計ま でセットする最大級の念のいれよう。ちょっと歩きにくい急な下りか らはじまり、再度急な下りにかわった1150を過ぎたあたりでアイ ゼンを装着。東側から回り込んではっきりした尾根に変わる1110 以降は実に歩きやすい楽しいルート。動物の足跡しかついていない丹 沢らしからぬ静かな道。
鳥の胸山の真南の1140の円のところには11時20分着。12時 を回っていたらエスケープするつもりだったがいい時間にきたのでこ のまま進むことにする。ここには道標がついており、左右に道がつい ているT字路になっている。
右は元の道の駅へ戻る林道へ出るルート。左は「道志の湯」と書いて あるが、道志の湯は真東なのでこの場所から北東方向に派生する尾根 にひきずられないよう注意して下っていくが、北東方向の尾根には道 も踏み跡もついておらず、思ったより簡単に何の道標も展望もない 1146(中指山)に立つことができた。
この快適で静かな山歩きも1100を過ぎるあたりで終わりを告げる ことになる。この場所で一旦林道に下りるが、ここから先は登山道に 笹が覆いかぶさるまさにバリエーションなルート。降っている雪と笹 についている雪で首筋やら服やらをしっかりぬらしての雪中やぶこぎ。 おまけに途中の大界木山方の1100の地図に書かれていない小ピー ク越えではまきみちと思しき踏み跡に入ると途中で踏み跡が消え、元 の道に戻ろうと猛烈な笹をかきわける。埒があかないので戻ろうとし たがさらにひどいことになり、10分ほどのロスタイムの末もとの場 所に戻ってやりなおし。1170付近でまきみちから稜線の1つ手前 の真西へ伸びる尾根に出て、予想時間からいってこれが稜線かなと思っ たのだが念のためコンパスを取るとちょいと方角が違うようだ。再度 やぶをこいで元の尾根に乗ったところにテープが2箇所ついている。 何だろうと思ったら、目の前に立派な登山道がいた。どうやら逆から くるときの目印だったようだ。
出たところは本当に登山道の何の変哲もない場所。12時も30分以 上まわりこんで、なかなか疲労もいい具合になってきたが、今回の核 心部はこえたので休憩もそこそこ、気分も楽に今日の宿泊地菰釣山避 難小屋へ向かう。稜線上は悪天で展望もなく歩きにくいところも激し いアップダウンも何もなく、ただ黙々と3.1キロのみちのりをこな した。何の変哲もない場所に立つ小屋には15時20分着。

菰釣山避難小屋は10人程度宿泊可。土間がちょいと広すぎるので建 物の大きさの割りに就寝定員は多くない。雲取方面の避難小屋から比 べれば落ちるが割合綺麗な状態。毛布備えつけで水場は往復45分と 書かれていた。トイレはない。
この小屋の中に目いっぱい荷物を広げる。最近あまり出番のなかった ガソリンストーブにのっかるのはフライパン。食材はステーキの肉が 2枚、おでん2袋、スープにごはん、ワインが1本、チーズ、きのこ のホイル焼きをするための網とオレンジジュース。牛脂3、バターと いった具合。食べるだけで精一杯で食べ終わったらすぐ眠りにつく。

翌日は朝からいい天気に恵まれ、空身で菰釣山へ。山頂に立つとまっ たく期待していなかった富士山とご対面。
帰りは1200付近から沢筋をまっすぐ下ったのだが、このルートは 雪が多いときは危ないかもしれない。今日は地肌がところどころ出る くらいの積雪。倒された木が散乱するルートを慎重に降りてきて、林 道へ降りる階段が下れずこの5mだけアイゼンをつける。
そして最後の最後で西沢林道ではなく東沢林道へ入り込むという間違 いをして、風が出て天気も下ってきた中1時間余計に林道を歩く羽目 になった。


※バリエーションルートの詳細

鳥ノ胸山〜大界木山間

トレースはついており、大界木山手前林道まではほぼ一般ルートと 同様(と思われます。雪に覆われて地面の状況までは見えないので) 道標も少ないながら要所に整備されています。
林道から大界木山方面の取り付き場所には立派な道標が立ってます が冬は入る場所がわかりづらいかもしれません。
林道から先は笹に覆われてところどころ踏み跡が判然としないとこ ろがあります。
写真 ?の矢印。多分人工的なものと思う。
よくみないとわからないかも。
写真 これが矢印のいきさきなんだけど意味不明
写真 登山道の積雪はこのくらい
写真 いきなりですが避難小屋の中の様子
写真 でもって、これが今回の夕食一式。
写真 かなーり手ブレになってますが、ステーキじぅ。
写真 菰釣山からのからの富士山。天気がいいときは右側に南アがみえるそうです。
写真 菰釣山避難小屋全容
写真 おまけ・・・

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 道の駅どうし→鳥ノ胸山→大界木山→菰釣避難小屋(泊)
菰釣避難小屋→菰釣山→東沢林道出合→水晶橋→道の駅どうし
地図 2万5千図 中川・御正体山。昭文社山と高原地図だと丹沢になりますがこのルートは登山地図では歩けません。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 体力的には中等。中指山〜大界木山間は道が判然としません。菰釣山からまっすぐ下山は雪が多いときは危険と思う。
所要時間 道の駅どうし→鳥ノ胸山 2時間40分 鳥ノ胸山→大界木山 1時間40分 大界木山〜菰釣避難小屋 1時間50分
菰釣避難小屋→菰釣山 20分 菰釣山→菰釣避難小屋 10分 菰釣避難小屋→東沢林道出合 50分 東沢林道出合→水晶橋 1時間
水晶橋→道の駅どうし 1時間
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 道の駅にありきれい。山中にはありません
水場 菰釣避難小屋から往復45分
避難小屋 菰釣山山頂手前700mのところにあり。状況は本文のとおり
幕営適地 ありますが、丹沢は全山幕営不可
交通 バスでの入山は難しいかもしれません。
道の駅どうしに車を止める場合
キャブコン可
トレーラ可。一番奥に大型車用スペースあり
マイクロバス可
観光バス不可
駐車場まで舗装
林道内には駐車スペースらしきものはなし。探せば1〜2台は置けるかも。
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net