サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
とりあえず写真のみ…
写真 朝日があがってきました@渋沢駅
写真 大倉のバス停の様子。都会感があります
写真 みかんのようです
写真 お花。少し露出をアンダー目にしてみました
写真 塔ノ岳はあちらです。
写真 登山道の様子
写真 大倉高原山ノ家の前から撮りました。海が輝きますが、…このレンズ、逆光に弱いような気がするな。
写真 大倉高原山ノ家の様子
写真 水場は出ていませんでした。凍結が理由ですので、冬場はしばしばこういうことがあるのかもしれません。でかける際には注意してください
写真 看板が出ていたので撮ってみました
写真 ススキ
写真 雑事場の様子。すこし積雪がではじめます
写真 雑事場の裏の階段。これがけっこうキツいんだ。そして、冬とはいえさすがは休日の大倉尾根。人だらけです。
写真 一本松の下あたりです。登山道に積雪はありません
写真 えっと、一本松あたり〜駒止茶屋直下あたりだと思います。
写真 駒止茶屋の様子。そういえば、見晴らし茶屋の写真撮らなかったね。
写真 駒止茶屋から上がって、堀山ノ家の手前付近にちょうどいい展望場所があります。たしか富士見平とか名前がついたハズなんですけど、ありきたりすぎ…
写真 拡大図。やっぱりだいぶ雪が増えたようです。二つ塚のほうまで雪がついていました。
写真 堀山ノ家で撮りました。
写真 同じく堀山ノ家のランタン。
写真 天神尾根分岐上の積雪はこの位。のぼりはアイゼン要らないですけど、くだりはあった方が良いと思います。
写真 花立の有名なきっつーい階段。僕もここで1度敗退したことがある。
写真 花立山荘。ちょっと色が不自然に出ちゃいましたが
写真 で、山荘の前からの展望。
写真 おしるこ。へへ〜たっつんは露出アンダーでうまく撮れなかったらしい。
写真 花立上の木道と塔ノ岳山頂です。このあたりで積雪が出ていたので、花立上〜金冷シ間は滑落しないように十分注意してください。
写真 えっと、金冷シの上あたりだと思います。一面圧雪なので、のぼりはともかくとして下りはアイゼンがあった方がいいでしょう。
写真 塔ノ岳から南アルプス。右にぼんやり写ってるのが甲斐駒で、鳳凰三山、多分仙丈、で一番高いのが北岳、ついで間ノ。左の切れてるのが農鳥岳で、写真には写ってませんが悪沢、赤石、聖と綺麗に見えました。こんなに展望に恵まれる日は、冬場でもそうそうないことでしょう。
写真 尊仏山荘の様子
写真 山頂の日時計。シチズン製となっている
写真 塔ノ岳から三ノ塔を見る
写真 山頂からの展望
写真 あっ!
写真 あむあむしちゅるの
写真 ふんふ〜んおいらは人気者☆
写真 見るなよう
写真 尊仏山荘わきのトイレ。作られたときより心なしか汚くなったような気がしました
写真 さいなら〜
写真 山頂はこんな感じでだいぶ雪に覆われていました
写真 あれに見えるが丹沢山
写真 日時計と富士
写真 えっと、登ってくるときはそうでもなかったんですけど、帰りはドロドロになってしまいました。この時期の登山道の様子としては、この位がデフォルトだと思いますので、これ対策をしてきた方がいいでしょう。
写真 ブナ…なんだよね。
写真 大丸小丸のあたりは結構積雪の深い場所がありました。
写真 鍋割山荘の様子。
写真 鍋割山荘の前からの展望
写真 こちらは新しく作られた公衆トイレ。以前よりも心なしか汚くなったような気がします。
写真 えっと、再度値上げされていました。980円です。
写真 で、これが使用前
写真 ごちそうさま〜
写真 こうやって遊ぶ人がいるんだこれが
写真 二俣の駐車スペースはこんな感じで10台くらいかな。僕の車では入れないくらい路面は荒れています。
写真 大倉まで林道をテクテク歩きます。
二俣から4キロだから、がんばって歩いて40分、普通に歩いて1時間。
写真 国定公園です

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 大倉−雑事場−花立ー塔ノ岳−鍋割山−二俣−大倉
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 とくに危険なとこはないのですが、ちょっと距離があるので☆☆か、甘めで☆☆☆でもいいかもしれないです。
所要時間 大倉−雑事場 1H
雑事場ー花立 2H
花立ー塔ノ岳 30分
塔ノ岳ー鍋割山 1H
鍋割山ー二俣 1H
二俣ー大倉 1H
他の季節 上に挙げたルートは通年で深い積雪になることはありません。おおざっぱにいって、年末おしせまった頃 あたり〜3月いっぱい位が積雪のある可能性がある期間で、この間でもたいていの時期は雪というより雪 解けでドロドロになってる状態になっていることの方が多いと思います。ただ、いつの季節も入山者が多 いですから、雪があればしっかり踏まれて雪はかたくなります。4本か、できれば6本のアイゼンを携行 するのがのぞましいでしょう。
無雪期はみどころの少ない山ではありますが、鍋割は手ごろなハイキングの山、塔ノ岳は首都圏の登山者 が1度は通る登竜門みたいなものですから、1度くらいは経験しておくのもいいかもしれません。夏は9月過ぎあたりまで暑いですので初春か晩秋あたりがいいでしょう。
トイレ 大倉のトイレは綺麗。各小屋にトイレは点在し、尊仏山荘脇のトイレは建築時と比べて多少汚くなった感じがします。鍋割山荘わきのトイレも右に同じ。鍋割山荘をすぎると大倉までトイレはありません
水場 大倉高原山ノ家 断水していました。写真を参照してください
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 渋沢駅から大倉行きのバスにのり終点で下車。大倉に駐車場あり有料。駐車場まで舗装。トレーラ不可
登山計画書 大倉バス停ののトイレの近くで提出できます
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net