サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
登山道のないバリエーションルートです。
相応の技術と装備で挑戦してください。

予告したとおり、椿丸いってきました
(世附−519-780右-795左-838左-902 往復)

地図がですね、いっちばんすみっこなんで、4枚です。

山北
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53390050&slidex=400&slidey=0
駿河小山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53380755&slidex=2000&slidey=0
御正体山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53381705&slidex=1200&slidey=2000
中川
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53391000&slidex=0&slidey=1200

1度読んだ推理小説。まあ、読図力のバリエーションルートなんてものは、そ んなものだ。もう1度行っているからだいたいはルートが頭の中に入っている し、椿丸だったら地図がなくてもいってこれる。でもまあ、丁寧に地図とにら めっこして、たまにはまじめに読図しないと読図力のカンが鈍る。

どうせ行くんだったら、誰か連れてってもいいか、と思ったのだが…誰も手あ げないし。1人かよ。椿丸で読図練習なんてさ、お金払ってでもいきたいって いう人もいるのにさ。
http://www.geocities.jp/chikeizu/newpage15.html
タダでいいですよって言ってても、そこが平塚さんと僕のカリスマ性の違い。 ま、いいです。不老山へいったときに、僕がどうしても椿丸へ行きたくなった んだからさ。丹沢では椿丸といえば、やはり特別なイメージがあるし、登山 道のない空白のエリアの只中にある丹沢最後の秘境に残された孤高のピーク というイメージがあるな。

で、前夜世附の駐車場に車を入れますが、真っ暗でまったく後方が見えませ ん。誘導を頼りに果敢にもカンだけで車庫入れを試みますが、おさまったば かりの新しい中古車。さっそくコンクリートブロックに阻まれてガリガリ… 7万キロぶりに車こすりました。鬱。

例によって、きこりの村の前の駐車場に車をとめて、浅瀬ゲートまで400m くらい歩く。5分ほどで三差路へ出る。ここを左へいき、1分ほど進んだとこ ろ右側に「保安林」の黄色い看板がやぶの中にたっている。カーブミラーと落 石注意の看板の向かい側である。ここが入り口。僕が書いた「←椿丸」のテー プはすでになかったが、誰かが新たに書いた「椿丸入口」と書かれたテープが あった。
ここから取り付いて、ちょっと足を滑らせるとおっかないことになりそうな斜 面を、手と足を使って登る。1段あがってしまえばあとは足だけで登れるが、 ホントウは帰りは補助ロープがあると格段に楽だろう。

あとは前回の記録とほぼ同じ。
http://tozan.net/tozan/tanzawa/0603tsubaki/index.html

795左あたりまでは、テープがバカみたいにいっぱい貼ってあります。見通 しで5個も6個も見えるような感じなので、普通にテープを追えば795あた りまではたどりつけます。その先は見通しで1個もないような場所もあって、 だいぶ綺麗になっていました。
たぶん、あれなんだろうね。やたらめったらテープ貼りたがる奴と、余計なテー プは撤去したい奴が交互にやってくる。テープも人工物だからさ、無駄には貼 らんでほしいし、貼るなとは言わないが見通しで5個も6個も貼らないと登れ ないような人は、そもそも椿丸のお客さんではない。

椿丸までは取り付きから1時間50分だったので、もしかしたら2Hはやや厳 しいタイムかもしれないです。もちろん、他の登山者とは誰ともすれ違ってい ません。ただし、この時期は狩猟の季節で、だいぶ派手にやっているみたいな ので、入山を検討している人は3月くらいまで待ったほうが賢明だと思われます。
写真 駐車スペースはここを使います
写真 400mくらいゲートまであるいて
写真 カーブの先に車をとめるスペースがありますが、釣りの人が先に止めることが多いようであまりあいていることはないと思います。
写真 ゲート前
写真 ゲートをくぐったところ
写真 三叉路にやってきます。ここを左へ曲がります
写真 左へ曲がったところ
写真 もう少し進んで
写真 この標識とカーブミラーの向かい側が入り口です
写真 保安林の標識を目印にして、ここを登ります
写真 これ、僕の字じゃないですね。
テープ見ると結構書いてあったりします
写真
写真
写真
写真
写真 795左をすぎると、大半がこんな感じのルートで歩きやすくなります
写真
写真 でまあ、椿丸の山頂にやってくるわけだ

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 浅瀬−780−838−椿丸 往復
地図 2万5千図 山北・駿河小山・中川・御正体山
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 バリエーションルートです。確かな読図能力が必要です。とくにロープを出さないといけないようなところはなく、 普通に歩いていけます。登山道には赤テがびっしり貼られており、踏み跡もあります。
所要時間 浅瀬−椿丸 2時間
椿丸−浅瀬 1時間20分
他の季節 1年中積雪はないと思いますが、日の短い12月頃や、5月〜10月の暑い時期は避けた方がいいのではないかと思います。
スギの植林されている所が多く、展望らしい展望もないので特に良い季節というのはないでしょう。
4月に入るとダニが出るらしいので、早い季節の方が良いそうです
(2006.3.14追記)
僕と1週間も違わずに入った別のパーティは、ダニにやられたそうなので、3月でもダニはいるようです。僕のルートではダニらしいものは見なかったので、ルートによっても違うのでしょう。
(2006.3.17追記)
ダニはシーズン問わずいるそうです。浅瀬〜椿丸間は大丈夫みたいで、椿丸〜大栂〜織戸峠あたりがアヤシイらしいです。
(2006.12.17追記)
12〜2月は狩猟シーズンなので、この時期を外すのが安全です。
トイレ 駐車場にあり普通。ゲート付近右手上にありますがこれは崩壊同然
(2007.1.25追記 くやさんからの情報)
浅瀬から椿丸往復のデータ表の中の
”トイレ”なんですが、
ゲート付近右手上にありますがこれは崩壊同然
と、記録していらっしゃいます

これは湯山商店から、隣りの新しい刀鍛冶小屋、
さらにお隣りのちょっと古い動物小屋と林道を下に見ながら
並行して歩いていって、その隣りにあるトイレでしょうか?
(湯山商店からゆっくり徒歩で2分弱、走ればすぐ)
もしそうだとすると、とてもきれいで、管理清掃が行き届いた
快適なトイレです もちろん手洗い水道も完備
いつもここを頼りに利用させて頂いています
(直近で2007年1月13日土曜日に利用しました)
トイレットペーパー備え付け、
手洗い器完備
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 きこり村の向かいに駐車場があります(トレーラ入り口に車とまっていなければ駐車可)15台程度。もう少し手前にも駐車場があります(トレーラ可)。ゲート前付近にも数台駐車可能です(トレーラ不可)駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net