サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

昨日21日、畦ヶ丸へいってきました(西丹沢自然教室−畦ヶ丸−大滝橋)

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F26%2F5.846&lon=139%2F5%2F11.281&layer=1&sc=5&mode=map&size=s&pointer=on&p=&CE.x=133&CE.y=66

中川
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53391050&slidex=1600&slidey=2000


silkypixとhueyを買った。デジタルカメラにはだいぶ振り回されて、いまん とこフィルムカメラを主に使っているが、いつまでもというわけにもいかな い。風景にすぐデジタルを持ち込むつもりではないが、silkypixの吐く絵に は驚いた。150単F2.8の描写も絶品だが、月に5000円くらい現像代が安く なることを期待して、とにかく少しデジタルの方に軸足を移すことにした。

絶不調が続いていて、2日寝込みました。もしかしたらまた1年くらい寝込 むことになるのかもしれない。この日もいったんはキャンセルの連絡をした ものの、ぜひいこうということになって引き連れられていくことになった。

今日はゲスト。雨で空気が洗い流されたあとの絶好の晴天。どんな展望の山 につれてってくれるのかなー、と思ったら畦ヶ丸。はあ?なんでなにも好き 好んで展望のない山?と思って言ったら、じゃあ毛無山か釈迦ヶ岳とかいう。 もう面倒だし、毛無山も釈迦ヶ岳も萌えないし、体調的にも遠くまで運転で きるかどうか不安(実は19日に山中湖へ写真に行こうと思って、途中山北 までいけずに体調不良でひきかえしている)だったので、畦ヶ丸で手をうつ ことにした。

集合場所が悩みますが、東名に乗りやすい駅を集合場所にします。朝遅い時 間だったので相当渋滞にはまるかと思いましたが、不況の影響か30分もか からずに橋をわたって、35分目には高速道路でした。本線は第二通行帯で 100キロ区間が80キロ、80キロ区間が90キロ。大井松田ICまで1人 133円分走って山北へ。例によって冬に畦が丸なんか行く人は奇特で西丹 沢自然教室の駐車場は4,5台の入れ込みといったところ。入れ違いにバス がやってきますが、こっちも乗っていたのは3人。
西丹沢自然教室で登山届を書くのだが、せっかく大滝峠上までいくのだから 屏風岩山の東尾根を下る手もある。だがなんか、連行した(というか、今回 は僕はゲスト)メンバーは読図に興味があるわけでもなく、おまけに地図を 忘れるという体たらく。ちょっと同行者の地図を見せてもらったが、やっぱ りもってきたのは登山地図だよなあ。まあ、他人の登山地図でも下れないこ とはないと思うのだが、他人の地図でバリエーションくだってバチがあたっ たりするとやだし、ちょっと心もとないのでやっぱり一般ルートをくだるこ とにする。

西丹沢自然教室から橋をわたりまして、小一時間にすこし欠けるくらい沢沿 いをあるきます。何箇所か橋のかけてないところがあって、少し靴を水の中 につっこむところがあります。あまり標高を稼ぎませんが、水の美しいルー ト。堰堤を2つ乗りこして、権現山への分岐をわける700m付近から雪が ではじめます。
今日は滝見ツアーだったので、いつもは片方しか見ない滝、下棚の滝と本棚 の滝と両方立ち寄ります。沢から左手の尾根にとりついて、すこしあがった 最初のベンチで休憩。善六ノタワまでは結構絞られますが、あとは距離はあ るものの斜度的にはたいしたことはないと思います。
山頂では同行者、展望を探して悪あがき。はじめから畦が丸と言った時点で 展望はあきらめておけばいいものを、ちょっとあっちの方へいってみたりし てなんかあぶなっかしいです。それでなんとか腕をのばして、枝がかからず 富士山が見えた写真を1枚拾ってきたのだからやってみるものです。
下りは一軒屋避難小屋から大滝橋へ。車を回収するバスは30分待ちだった ので少し歩いてからバスに乗りますが、あそこまで歩いちゃえば、あとは最 後まで歩いたほうが時間的にも早かったです。

ところどころ生えているスギはすっかり紅葉して攻撃色になっています。 アイゼンは使いませんでしたが、もう少しザックに忍ばせておいた方が安心 です。タイヤはノーマルタイヤでOKです。

写真 駐車場はここを使えました。シーズン中は早い時間でないとけっこう下に止めさせられると思います。
写真 登山届が提出できます
写真 西丹沢自然教室のバス時刻表
写真 距離はこんな感じで妙に厳密です。
写真 新芽がではじめていました
写真 つり橋をわたってスタートです
写真
写真
写真 堰堤をこえます
写真 川原を歩いて
写真 道標はこれでもかというくらい整備されています
写真 何度か橋であっちいったりこっちいったり
写真
写真
写真
写真 ミツマタ
写真
写真
写真
写真 権現山分岐のベンチ。このあたりから雪がでます
写真 下棚の滝
写真 ちょっと歩いて
写真 こっちは本棚の滝です
写真
写真
写真 沢から左の斜面へあがりはじめると登山道は乾いてきます
写真 アセビ
写真 善六ノタワからの展望。ここが一番展望のいいところと思います
写真
写真 稜線の積雪。これは少ないところ
写真 これは多いところ。例年より少なめだと思います。アイゼンは要りませんでした。
写真 ブナ
写真 畦ヶ丸の山頂
写真 向きを変えたところ。展望はありません
写真 畦ヶ丸の避難小屋。結局建て替えられませんでしたね。
写真 内部の様子
写真 山頂付近からの富士山
写真
写真 沢へ入って
写真
写真
写真 一軒屋の避難小屋へ出ます
写真 内部の様子。
写真
写真 これで終了

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 西丹沢自然教室−善六ノタワー畦が丸−大滝峠上−一軒屋避難小屋−大滝橋
地図 昭文社 丹沢
Yahoo! 畦ヶ丸
地形図 中川
難易度 難易度的に★★にするか☆☆にするか迷ったんだけど、やっぱり例年であればアイゼンが必要だと思うんで、やっぱり☆☆でお願いしたいと思います。
所要時間 西丹沢自然教室−善六ノタワ 1H40
善六ノタワ〜畦ヶ丸 50分
他の季節 11月くらいが紅葉で、この頃はまだ無雪期と考えていいと思います。雪が積もるのは年末押し 迫った頃でしょう。3月前半くらいが多分一番積雪が多く、後半には雪山終了です。通年をとおして降雪直後でもない限りトレースは期待していい ものと思います。
夏は暑いのと、あと、桧洞丸のツツジの時期(GWあけ位)にあたると駐車場で苦労しますので、その時期は避けるのがいいでしょう。
11月の紅葉の時期
5月の新緑の時期
1月の積雪の時期
トイレ 西丹沢自然教室、畦が丸避難小屋にあり。一軒屋避難小屋、大滝橋にはありません。
水場 西丹沢自然教室-畦が丸間には水場はありません。
一軒屋避難小屋付近の水場は出ていますが、たぶんわかりづらいと思います
避難小屋 畦が丸避難小屋は程度普通で宿泊に適する。10名は厳しいか。
一軒屋避難小屋は程度普通で宿泊に適する。5人位。
幕営適地 ありません
交通 新松田駅(休日)か、谷峨駅(平日)からバス。
車の場合、
西丹沢自然教室に駐車場があります(30台か40台程度)駐車場まで舗装
駐車場は、冬場は余裕がありますが、無雪期はキャパシティ不足で、特に5月頃や夏場は早い時間にいかないと一杯になることが多いです。
トレーラはやめた方がいいです。道の駅山北も駐車場は小さいので、ここにトレーラを置いてくることは避けた方がいいでしょう(大型スペースがないので駐車には相当技術が要ります)
箒杉の上あたりにちょっとトレーラを置けるスペースがあるのですが、知った人でないと場所を特定するのは難しいと思います。
一番確実なのは、この道路沿い。左側にトレーラを置けるだけのスペースがある駐車場があります。ただし、この道路も終点までいってしまうと転回ができませんので、基本的にこの界隈にはトレーラ付きで近づくのはやめた方がいいということです。
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F24%2F50.26&lon=139%2F1%2F42.033&layer=1&ac=14364&mode=map&size=s&pointer=on&sc=3

大滝橋のところには四輪車をとめるスペースはありません。
登山計画書 西丹沢自然教室にポストあり。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net