サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
バリエーションルートになります。
相応の技術と装備で挑戦してください。

26日、ミツマタの咲くミツバ岳へいってきました
(滝壺橋−ミツバ岳834.5−791−権現山−756−本村隧道)

バリエーションルートなのでよい子は真似をしないでください。(登山道の様子は巻末にまとめてあります)


初心者のもってくる山というのはだいたいが定番で、何人かつきあ うと何回か同じ山に行くことになる。三頭山とか、飽きたなあ。天 城山とか。そんな中に、ミツバ岳に行きたいとかいうのがあった。
ホントかよメッチャバリエーションなんだけど。この時期ネタも尽 きてるし、連れてってやるかと思って連れてった。
諸事情によりJR松田駅集合です。けっこういい具合に雨が降っ てますが、一応今日は決行ってことでお願いしますってことでメー ルした。ほどなく小降りになって富士山も見えました。丹沢へ車 を走らせて、まずは滝壺橋を探します。1つ1つ橋名を見ていき ますが、かなり長いカーブした橋がそれです。なんか団体さんが 準備体操してるんですぐわかりました。ホントかよ。今は晴れて るけど朝から雨降りだったし、今日は平日だし、しかもバリエー ションなのに団体かよ。
でもって駐車場を探します。先の方は結構遠いんで、滝壺橋から 少し戻った寺ノ沢とかいうところを使います。少し歩いて、滝壺 橋の西側からとりつきます。

ミツバ岳へは左の尾根のひたすらな登り。地形的な特徴のないバ カ尾根です。丹沢名物の鹿柵もありました。例の団体さんが登っ てるんで追い越しにかかると、4人先に行くそうですとか言う。 4人って、これ全部で1組じゃないのかよ。と思ってもうちょっ と先にいくと、別の2人組。さらに別のグループを追い越したん だけど、丹沢の雨の日の平日のバリエーションってこんなに人が 入るんか?

スギ林から自然林に変わるあたりが多分3分の2くらい。小一時 間で台地へ出てもうちょっといくと山頂です。1時間を少し切る くらいで登頂になってしまいました。山頂はすでに別のグルー プが占拠していたので、富士山の見える山頂の西側の広場で腰を おろします。有名なミツマタはちょうど満開で、富士山と一緒に 入り、昼食。
が、次々に人がやってきて落ち着きません。

標高差は500くらいだから、普通の足でも1時間30分くらい で山頂にいくと思います。踏み跡はかなりはっきりしていて、 2,3の道標をつければ一般ルートといってもさしつかえない位 の状況です。地面はすごい田んぼ状態でかなり滑りやすくなって います。
山頂の標識は、あれミシバ岳?いややっぱりミシバ岳にしかみえ ません。だから、ミツバ岳に登っているつもりで違うピークにき てしまったのかもしれません。

今日はミツバ岳だけの予定だったのですが、時間が早いので権現 山まで行くことにします。小1時間くらいと読みました。
834付近はちょっと尾根が広いですが、最初に方角を間違わなけ れば踏み跡もありますし間違えるところもありません。でもやっ ぱりバリエーションなんで雷が切ってなかったりして、850付近 はちょっとしんどい思いをします。

で、権現山へ出て…オエッ。座る場所もないほど人だらけです。 ここまでは昭文社の赤破線がきてますから、ミツバ岳よりは登 りやすいとは思うのですが…
展望はたしかなかったと思います。こんなところにこなくたっ てねえ。

権現山からは756の尾根を下ります。まずこの尾根に入れる かどうかが核心だと思いましたが、核心部には道標がたってい ました。踏み跡もそこそこ明瞭です。間違えそうな尾根には踏 み跡がありませんでしたのでここを入ることもないでしょう。 ずっと下って、のぼりかえした756にも道標がたっています。

道標は左をさしていて、これを下ると落合隧道のわきへ出るの はわかっているのですが、右側の尾根にもテープが貼ってある のを見逃しませんでした。これを下っとくと落合隧道へいくよ り車の回収が楽チンです。ちょっとおりたところで枝尾根に入 れれば間違うとこもなさそうなのでこの尾根を下ることにしま す。
すぐ杉林にぶちあたって、テープは右の鹿柵のところについて いますが、下りたいのは左。尾根が出てないとこなので不安で すがコンパスあわせて目印のないところを下ります。650付近 で鹿柵にあたってテープを発見。鹿柵をこえてつっこんでいく とピタリ尾根に乗っかりました。あとはもうトンネルわきまで こんなに要らないよっていう位テープベタ貼りです。予想通り トンネルのわきへ出てきました。

最後はだいぶ楽チンして車回収。それでも時間が早かったので 秦野へ出て弘法山の桜の開花状況をチェックして帰ってきました。

登山地図で登ってる人けっこういたけど、バリエーション入る のに、登山地図で、というのはナシね。あんなにテープ貼って あったら確かに読図は要らないけど、最低限礼儀として地形図 は持つもんだよ。

ミツバ岳、今売られているヤマケイに載っているそうです。ど んな記事でどんな紹介をされたのか知らないけど、安易には入 らないでね。ヨロシク。

写真

写真 駐車場はここを使います
写真 滝壺橋。おおきな道標がついてます。これの、西側が入り口
写真 こんなところからのぼります
写真 登山道の様子。ふみあとははっきりしています
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 山頂標識。ミシバ岳になっています。
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 権現山の山頂。展望はありません
写真 権現山−浅瀬入口間の赤破線ルートには、道標がありました。
写真 650付近で鹿柵をのりこえます
写真 トンネルわきへ出てきました
写真 おりてきたのは本村隧道のわきです。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 滝壺橋−ミツバ岳834.5−791−権現山−756−本村隧道
地図 Yahoo! ミツバ岳
地形図 中川
難易度 バリエーションルートです。滝壺橋−ミツバ岳間は踏み跡もしっかりしており道標がないことをのぞけば一般ルートとさして違いはあ りません。権現山−756(−浅瀬入口)間は整備されたルートです。あとの区間はテープがベタ貼りですが読図のできない人にはム リで、756−本村隧道間は整備されていないバリエーションルート、ミツバ岳−権現山間は踏み跡の不明瞭なバリエーションルート です。ミツバ岳→権現山、はさほど難しくありませんが、権現山→ミツバ岳は主尾根をはずれるところで間違わない程度の読図力が必 要です(一応テープはあります)

読図としてはさほど難易度は高いとは思えません。ヤマケイでは上級向け、という注釈つきで紹介さ れたようですが、基本的な読図力ができるのが入山の絶対条件です。ちなみに、危険な場所はありません。
所要時間 滝壺橋−ミツバ岳 1時間30分
ミツバ岳−世附権現山 50分
世附権現山−756 45分
756−本村隧道 1時間
他の季節 1年を通じて、ひどい積雪にみまわれることはないと思います。ミツマタは3末〜4上くらい。夏は暑いので適期は3〜5/10〜12くらいだと思います。
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 新松田から西丹沢自然教室行きのバス。本数少ないので注意。車の場合は本文のとおり。駐車場まで舗装 トレーラ不可
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net