サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
バリエーションルートになります。
相応の技術と装備で挑戦してください。


写真
三椏 雪ぼうし

今日30日はミツバ岳へいってきました(滝壺橋より往復)

バリエーションルートなのでよい子は真似をしないでください

頭のほうにミツマタって書いておくとPageRankがあがるらしいので ミツマタって書いておきます。今年もミツマタを見にいきました。

えっと、去年のとおりです。昨日の積雪理由で相方にキャンセルされ てしまったのですが、のぼって1時間半の山ですし天気を考慮してラッ セル覚悟で強行しました。その前に別の人にも拒否されたのですが、 そのいきさつに腹が立ったのでそのあてつけでもあるので、どうして も行かなければいけないような気がしていました。

駐車場は寺ノ沢を使いますが、平日でも時間が遅いとあふれます。早 い時間か遅い時間がおすすめです。少し歩いて、滝壺橋の西側からと りつきます。

ミツバ岳へは左の尾根のひたすらな登り。地形的な特徴のないバカ尾 根です。丹沢名物の鹿柵もありました。

スギ林から自然林に変わるあたりが多分3分の2くらい。小一時間で 台地へ出てもうちょっといくと山頂です。山頂は道標が1つ増えまし たが、山頂ではなく登山口に1つ道標が欲しいところです(笑)

標高差は500くらいだから、普通の足でも1時間30分くらいで山 頂にいくと思います。踏み跡はかなりはっきりしていて、2,3の道 標をつければ一般ルートといってもさしつかえない位の状況です。

山頂付近の積雪は20センチくらいで概ね新雪。
ミツマタは雪帽子でした。

ひととおり写真をとって、往路を下山します。
例によって帰りに団体と遭遇します。今日(平日でしかも年度末の五 十日)すれ違った人は50人前後と大漁です。
あれだけ大挙して木のまわりを踏むと、なんか枯れそうな気がしない でもないんですけど…

写真   
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  駐車場はここを使います
 写真  このわきが登山口です
 写真  ここが登山口
 写真  登山道はこの位でバリエーションとしてはかなりはっきりしています
 写真  
 写真  

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 滝壺橋−ミツバ岳834.5 往復
地図 Yahoo! ミツバ岳
地形図 中川
難易度 バリエーションルートです。滝壺橋−ミツバ岳間は踏み跡もしっかりしており道標がないことをのぞけば一般ルートとさして違いはあ りません。

読図としてはさほど難易度は高いとは思えません。ヤマケイでは上級向け、という注釈つきで紹介さ れたようですが、基本的な読図力ができるのが入山の絶対条件です。ちなみに、危険な場所はありません。
所要時間 滝壺橋−ミツバ岳 1時間30分
ミツバ岳−滝壺橋 50分
他の季節 1年を通じて、ひどい積雪にみまわれることはないと思います。ミツマタは3末〜4上くらい。夏は暑いので適期は3〜5/10〜12くらいだと思います。
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 新松田から西丹沢自然教室行きのバス。本数少ないので注意。車の場合は本文のとおり。駐車場まで舗装
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net