サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日は檜洞丸です。誰かのツツジの写真でも見たわけでは ないんですけど、ちょっと日帰りででかけようと思った。 1人なのであまり遠出できないし、近場で日帰りなんてい うのは駒を持ってない。じゃあ、あれだ、というので檜洞 丸になった。

檜洞丸といえば、「かつては西丹沢の秘峰と呼ばれていた。 昭和30年の神奈川国体に先立ち、檜洞丸かいわいの登山 道が開けたが、それ以前はブナ林の下で密生する篠竹の中 を泳ぐようにして通ったという。」(丹沢自然ハンドブッ ク/自由国民社)
「蛭ヶ岳から西に、ズングリした頭の桧洞丸がある。丹沢 第二の高峰であるが、樹木で覆われていて道がなく、怪峰 とか秘峰とか呼ばれたものだが」(日本百名山/深田久弥)
それが、今では、ちょっと日帰り、ですよ。見通しもよく なったし、鹿柵も増えたし。バイケイソウとかね。鹿が食 べないやつ。

「5月下旬ごろのツツジの花どきである。赤いトウゴクミ ツバツツジが咲き始め、追いかけるように白いシロヤシオ ツツジが咲く。」(丹)
白い方はけっこう散ってるのが多かったけど、赤い方は見 頃だったような気がします。赤いほうが見栄えがするから かもしれないですね。いずれにせよ、今年はちょっと遅かっ たのではないかと思います。まだ土日は間に合いそうです。

西丹沢自然教室で登山計画書を書きます。午後から雨だと いうのもありますが、かちゃんの体調が心配なので早く帰 りたい。登山計画書には、西丹ーゴーラ沢ー檜洞丸往復、 と記入しました。して、ザック背負って、ひきかえして、 犬越路経由下山に書き直しました。

僕が、丹沢デビューしたのは山をはじめた直後の1998 年で、そのとき登ったのが檜洞丸だった。西丹からゴーラ 沢ー檜洞丸、とあがって、帰りは犬越路。あれ以来、檜洞 丸ー犬越路間は歩いていない。ちょっとわけありの同行者 が一緒にいたのだが、あのときの思いを胸に、またあの道 を歩いてみたくなった。

朝食を買ったのですが、檜洞丸だから朝飯前だべ、と思っ て食べずにスタートします。「かつては西丹沢の(略)」 それが、今では朝飯前ですよ。歩き始めて、展望園地で1 度目の休憩。ぎりぎりで富士山が見えました。ここで朝ご はん。なんだよ全然朝飯前じゃないじゃないか。

でもって、まもなく山頂。タイムは…えっと、休憩を含ま ないで1時間55分、とちょっとですね。
「要するに2時間ってことですね?」
「いや、1時間ごにょごにょ…」
「はーい先生、それは世の中では2時間って言うんです」
ということで2時間です。やっぱりトシには勝てないね。

ルートとしては、ゴーラ沢出合で渡渉しないといけない 場所がありました。ルートが若干不明瞭かもしれません が、ケルンを頼りに進んで、階段を上がります。あとは あんまり変わりばえのない尾根を淡々と上がります。

8時山頂。今日は出遅れたんでけっこう先客がいます。

ここから、犬越路へくだるわけなんですけど、
入り口に、ツツジ新道に比べて峻険で云々と書かれていま す。おどかしぃもここまでくると害悪だな。
ちょっと鎖場と長いはしごがあるけど、三点支持ができれ ばまあ全然問題ないです。

東丹沢の尾根道はガレ場ばっかりになりましたけど、こっ ちはまだいい雰囲気のところが残っていました。丹沢へ行 くのなら、やっぱり檜洞丸に限ると思いました。


でもって、歩いていって、

…長いな。長いです。けっこう細かいアップダウンがあり ます。さすがに飽きてきた頃にようやくトンネルの分岐へ 出て、そこから犬越路へ出ます。

あとは普通に用木沢出合から車道を歩いて西丹沢自然教室 へ下山。

丹沢でいい山というと、やっぱり洞と畦が雄だな、と感じ た1日でした。

写真   
写真   
写真   
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  「いぬこえじ」です
 写真  
 写真  
 写真  
 写真  これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 西丹沢自然教室−ゴーラ沢出合−桧洞丸−熊笹ノ峰−犬越路−用木沢出合
地図 Google 檜洞丸
地形図 中川
難易度 ★★。鎖場らしきところもある少々ハードなハイキング
所要時間 西丹沢自然教室−桧洞丸 3H
檜洞丸−犬越路 2H
犬越路−用木沢出合 1H
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 西丹沢自然教室、青が岳山荘にあり
水場 ありません
避難小屋 犬越路避難小屋。本文のとおり宿泊に適します
幕営適地 ありません
交通 新松田駅からバス。
http://www.fujikyu.co.jp/syonan/rosenbus.html
車の場合、西丹沢自然教室に駐車場あり。駐車場まで舗装。トレーラ不可マイクロ止められるスペースあり
登山計画書 西丹沢自然教室にポスト。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net