サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
バリエーションルートになります。
相応の技術と装備で挑戦してください。

屏風岩山へいってきました
(大滝橋6:00〜大滝峠上7:30〜屏風岩山8:00
〜965〜650〜大滝橋9:20)

バリエーションルートなので良い子は真似をしないでください。


7月だか8月だかに、平日読図の会をやるってことで決めて、この日 は講師役の、はずだったのです。はずだったのですが、なんか、予定 を決めてから実行まで期間が長すぎた。なんか、当日が近くなって、 覚えていない人の方が多かったというアレだったので、一旦はキャン セルにしたのです。

だけど、僕自身も、12月(かそれ以降の今冬)にちょっとバリエー ションな山行を予定している。読図も、やらないでいると勘が鈍るの で、単独でも行っておこうと思って、行っておくことにした。何度か 通った下り道ですが、ちゃんと読図できないとおりてこれない自信が ある道なので、今年もまたこのルートで、ということにした。

車はゴニョゴニョな場所にとめます。少し歩いて、大滝橋から歩き始 め。林道が左カーブで回りこんで右カーブに切り替わる場所左側へ下 山してくる予定なので、この場所を一瞥して歩きます。

大滝沢沿いは一般ルートですが落ちられない場所が何箇所かあるので やや緊張で歩きます。避難小屋まで50分。とおりすぎて、大滝峠ま で30分。

大滝峠から南側は屏風岩山まで昭文社の地図で点線がついています。 しょっぱな数m下ったところのポコンでアレどっちだったかな、に なったのでコンパスを切ります。あとは薄く踏み跡がついています が、一応地図と首っ引きでいきます。989には丙105と書かれ た標識がたっています。もうすこし行くと右手に富士山が見えます。

屏風岩山にはスチールの標識と三角点。東側にも道標がついている ように見えたのですが、反対側から見たら「作業道悪路」と書かれ ていました。ところどころ立入禁止の標識がたっていますが、いま のところこの東尾根の入り口には立ち入り禁止の標識は立っていま せん。

山頂でいちおうコンパスを切りまして、東峰を目指します。くだっ てのぼって、のぼったところはピークじゃないんですね。ちょいと 歩いたところに「東峰」の標識が立っているのを確認しました。 「1050mくらい」と書かれています。
ここからちょっと歩いたところでコンパスが合わず5分ばかり逡巡 しますが、これで間違いない、と思った尾根が果たして正解です。

965の一段下で南東に伸びる尾根にひきこまれないように注意し ながら900のところで南−南東へ向かいます。地形的に複雑なの でこのへんが核心かな。790付近から南東へ向かう尾根と、760 付近から南東へ向かう尾根があって、760付近から南東へ向かう 尾根へ入るのが正解ですが、間違って790付近から南東へ下って しまい30mばかり登り返して10分のタイムロス。

あとは顕著な尾根とたどると自動的に650へ出てきまして、右に 見る鹿柵は右のほうへ下っていきます。ここで真東の尾根に入るの が正しいのですが、まちがって南東の尾根にコンパスを合わせてし まい、南東にひきこまれてアレレ?10mか20mばっか登り返し て5分のタイムロス。

650で真東の尾根に入れたら、あとは急峻なくだり。490のポ コンの少し手前から左に道路が見えるので、そこを向かって下れば 大滝橋は目の前です。

紅葉の方は、木単位で見るときれいな木もあるのですが、総じて終 わりですし、そもそもあまり紅葉する木が多くないような気もしま した。

そして、バリ歩くのに、補助ロープを忘れてしまうという失態をし たのが、今回の最大の痛手。790付近で間違ったのは純粋に読図 ミスだし、なんかちょっと不安を残してしまった。これは講師どこ ろじゃないな。もう2,3度どっか歩いて、勘を取り戻しておこう と思った。

   ここからスタートします
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   一軒屋避難小屋
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   989高点にあった標識
   富士山が見えました
   
   
   
   
  ふみあとはこの位
   
   
   ここへ車をとめました

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 大滝橋−一軒屋−大滝峠上−屏風岩山−965−650−大滝橋
地図 Yahoo! 屏風岩山
地形図 中川
難易度 バリエーションルートです。ふみ跡はあります。初歩的な読図ができれば、著しく難しい場所はないはずです。
所要時間 大滝橋−大滝峠上 2時間20分
大滝峠上−屏風岩山 1時間
屏風岩山−第一コーナーわき 1時間40分
他の季節 夏は暑いので適さないと思います。
トイレ 畦ヶ丸避難小屋にあり
水場 一軒屋避難小屋付近にあるらしいのですが不明
避難小屋 一軒屋避難小屋。程度普通で宿泊に適します
畦ヶ丸避難小屋。程度普通で宿泊に適します
幕営適地 ありません
交通 大滝橋付近には駐車スペースはありません。西丹沢自然教室に車をとめてバスにのりかえ 西丹沢自然教室まで舗装 トレーラ不可
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net