サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

以下のとおり報告します

■期間 2015年10月12日
■山域 丹沢 主稜縦走
    (大倉ー塔ー丹沢山ー蛭が岳ー檜洞丸ー大室山
               ー畦ヶ丸ー西丹沢自然教室)

■目的 縦走
■参加者 脇屋
■コース、所要時間

2時47分 大倉
4時46分 塔ノ岳
5時37分 丹沢山
6時40分 蛭ヶ岳
8時34分 檜洞丸 8時47分
11時00分 大室山
13時40分 畦ヶ丸 13時50分頃
15時15分 西丹沢自然教室



17日の会山行が不安なのです。歩行時間はなんとでもなるけれど、 8時30分スタートで標準CT14時間30分で、解散が18時30分の 予定ということは、休憩を含めて、平均して7掛けをすこし切る位。 足はひっぱれないけど、そのスピードについていけるのか?という ところから、今回の山行ははじまった。トレーニングっぽいことも しておきたいし、スピードの確認も。


ちなみに、登山届には目的は縦走と書いたが、形態についてはむず かしい。ほとんど走っていないし、走るのが目的ではないので、ト レイルランニングとは違うと自認している。カモシカよりはスピー ド重視なので、あえていうならULの日帰り版か、ロングディスタン ス・スピードハイクみたいな感じで、ジャンルとしてはまだあまり 確立されてないのだと思います。


加入道山の避難小屋ですが、建て替え中で使用することができませ ん。期間についてはみなかったので詳細は調べてください。


真っ暗な大倉を出て、気持ち早足で歩いて登ります。胃がいたくて どうしようもないのです。登山届の出し方失敗したなあ、申し訳な いなあ、というのが頭のなかをぐるぐるします。あんなせっぱつまっ て登山届出さないで、自宅でおとなしくしていた方がよかったんじゃ ないかという自責の念に駆られて足が止まり、もうどこでリタイヤ するか考えています。それが頭の中から抜ける瞬間は快調に歩けます。

4時すぎのまだ真っ暗な時間に、花立の上あたりで1人追い越しま した。この時間に登山者がいるというのが大倉尾根の驚異だと思い ます。スタートからぎりぎり1時間台、1時間59分後に塔ノ岳山 頂到着。いや、前にも1時間59分ってのがあったんだけど、時計 をみながら乳酸でまくりにしたり多少たずなを緩めたりするので、 時間に作為があります。あるのでぎりぎり1時間台なのです。

大倉尾根は久しぶりですが、すっかり様子が変わってしまいました。 だんだん階段が増えて階段地獄になるけれど、それが正しいのかど うかはわからない。僕のお友達がこの登山道整備にかかわっている ので、あ、あの人がやったんだな、と思って通過します。


すぐ裏手にまわりまして、丹沢山をめざします。日高をすぎるあ たりでは薄明るくなってきまして、紅葉が見事でございます。冠 雪した富士山をみながらの行軍ですが、前回と違ってかなりアッ プダウンがあるので難儀しますが、空気も乾燥していて最高の気 分でございます。

蛭ヶ岳をこえて檜洞丸方面へ向かう登山道へ入りますと、あきら かに径の太さが変わります。ちょっとなんか棘の出ているものも まじっているので近づきたくないのですが、先へ進まなければ進 めないので先へ進みます。こののぼりかえしはさすがに足にきま す。足つりそうです。檜洞丸の山頂で1回目の休憩。
檜洞丸も雰囲気の変わった山です。僕が山をはじめた頃は深山で とても展望がある雰囲気ではなかったのですが、カラッと明るい 山に変わり、もう何年かすると、「檜洞丸という展望のいい山が」 になってしまいそうな勢いです。


犬越路へはこんなに下ったっけか、というくらい大下り。安心し てください、くだった分ほぼ登り返します。CTで2時間だから、 7、8百は登るんだよね。ということで、のぼり返してボロボロ になったところでバッタリです。できればボロボロになる前の元 気なときにバッタリしたかったなあ。

大室山から先は比較的いい道ですが、走るとたぶんひざにくるの でなるたけ走らずに行きます。
時間がおしているのです。バスの時刻は調べてないけど、おそら く17時くらいが最終でしょう。16時には下山したい。あと、 CTで6時間くらいだから、CT通りなら17時。14時くらいには おりられる算段だったから、こんな遅くなるんだったら、バスの 時刻調べておくんだったなあ。白石峠でエスケープかなあ…


なんか燃えきらないなあ。最悪歩いて車回収でもいいや、と思っ たところで、畦ヶ丸へ足を向けていました。すこーしだけ走って、 モロクボ沢ノ頭で縦走路とおわかれ。なんか、このまま平野まで 行っちゃえそうな勢いですが、そういう登山届は出していない。 もうちょっと早く出れば大山からスタートして、平野までワンデ イとかできるよなあ、とかわけのわからんことを考えながら、畦ヶ 丸の山頂に立ちます。ここまでくればもう惑わされません。どち らにしても下りるだけで満願成就です。

畦ヶ丸13時50分。それっと行けば15時に間に合いそうかな、 と思ったのですが、下りが遅いなのは自他共に認めるところで、 結局15時には間に合いませんでした。

ほどなくしてバスの人になりましたが、乗車時間の長いこと。こ の距離を、「歩いてもいいや」と思ったことはつくづく失敗だと 思った。そして真っ暗な大倉へ帰ってくると人だらけ。僕自身は 夜討ち朝駆け上等のトンデモ登山者だけど、もう秋口で日が短い のだから、こんな遅い時間の下山はダメだよ、とも思った。

今日はひさしぶりに軽く筋肉痛をいただいて、いい気分で過ごし ています。wakkyさんは軽荷で距離伸ばすよりも、なんか歩荷トレ の方が似合ってるように思います。うん、歩荷ね。もうすぐ冬だし、 そろそろやらないといけないよね。歩荷も気持ちいいけど、距離 伸ばすのも満足度が高いように思いました。

結局標準コースタイム19時間の12時間30分だから、やっぱ り7掛け。時間かかるなあ…17日は多少足ひっぱるかもしれな いけど、せいいっぱい頑張ります。

大山
難易度 危険なところはないと思いますが、距離は長いです。体力的には文句なく★★★で、通常は2泊3日を要するところです。
所要時間 大倉−塔ノ岳 3H30
   塔ノ岳−丹沢山 1H
丹沢山−蛭ヶ岳 2H
蛭ヶ岳−檜洞丸 3H20
檜洞丸−大室山 4H
大室山−畦ヶ丸 4H
畦ヶ丸−西丹沢自然教室 2H
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
水場
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 駐車場まで舗装。ゲートのある有料駐車場を使います。トレーラ不可
登山計画書 登山口で出せます
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net