サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

以下のとおり報告します

■期間 2016年4月12日
■山域 丹沢 主陵縦走
■目的 縦走
■参加者 脇屋 他1
■コース、所要時間

5:18 大倉
6:56 花立 7:00
7:20 塔ノ岳 7:40
8:25 丹沢山 8:30頃
8:54 不動ノ峰休憩所
9:40 蛭ヶ岳 9:50頃
12:10 檜洞丸 12:20頃
14:00 西丹沢自然教室


前回の半分の距離だから、たいしたことはなかろうと思っ ていたのだが、さすがにそれは甘い読みだった。

同行者に、鍋割山で鍋焼きよりおいしいものを食べる会と、 ゆるふわ丹沢主陵縦走とどっちがいい?と聞いたところ、 天気もいいので縦走したい気分だとのことなので、今回は 主陵縦走になった。この位ロングになると、誰でもいいと いうわけにはいかないが、同行者は一緒にラッセルを経験 したことのある強い人なのでその点は安心できた。

車を2台使います。西丹沢自然教室で集合して、1台をデ ポ。もう1台で大倉へ移動します。2人とも極力軽量化し ていますが、少しハンデと思ってカメラを背負った。荷物 が4キロ、カメラが3キロで都合7キロだから、普通の人 の日帰り装備か、それより気持ちだけ軽いくらい。

大倉から、同行者先頭で登ります。そのペースの速いこと。 ついていくのがやっとで乳酸でまくりです。ですが、同行 者花立で力尽き休憩に入ります。4分ほど座り込んで再ス タート、大倉から2時間2分で塔ノ岳の山頂に立ちます。 天候絶佳ですが風は冷たく、人は少ないですがいずれの人 も完全防備で、異様な薄着なのは我々2人だけ。


今回はゆるふわ丹沢主陵縦走とのこともありますが、少し オーバーペースだった同行者の体勢を立て直すべく、尊仏 山荘に入ってコーヒーを頼みます。

出直しまして、丹沢山までは調子よくいきます。丹沢山で トップを交代しまして、今度は僕。僕の方が足が速いので つかず離れずのペースを維持して、蛭ヶ岳の山頂へ。この 時間にはもう霞がではじめてすっきりした展望が望めなく なります。

蛭からは少ししょっぱい鎖場があるので、少し疲労の色が 出てきた同行者事故のないようペースを落としていきます。 登りははりきっていきます。同行者口にしているのが炭水 化物ばかりのようで、ちょっと糖分の補給が追いついてな いのかな、と思ったので、いったん止まりましてチョコレー トを口に入れてもらいます。これが正解で、すごく楽になっ たと述懐しておりました。なんだかんだいっても、パワー だけではダメなんですね。
さすがに洞への最後の登り返しはきつそうでしたが、CT 3時間以上のところを2時間少々できましたから、まあ順 調だと思います。


ゆるふわ登山だから、青ヶ岳山荘でもコーヒー頼んじゃお うか、なんて言っていたのですが、残念ながら青ヶ岳山荘 は本日営業しておりませんで、そのまま檜洞丸の山頂に立 ちます。

帰りはつつじ新道を下ります。のぼりでペースが落ちる頃 にはもう下りで踏ん張る力も落ちているはずなので、普通 ならゴーラ沢までまっすぐですが、2度ほど休憩を入れて 無理のない下山をします。ザレているところはちょっと滑 りやすいのでさらにペースを落として慎重にいきます。 明日筋肉痛?って聞いたら、確実に筋肉痛とのことです。

ゴーラ沢を抜けたら軽く走ります。これがメチャメチャ気 持ちいい。体の毒が抜けていきます。ミツマタはほぼおし まいです。歩き足りないかな、と予想していたのですが、 長いでもない歩き足りないでもない位でいい心持ちで下山 します。

西丹沢自然教室から大倉へ戻って大倉で解散します。車回 収はバス電車だと2時間以上かかりますが、車なら1時間 弱くらいです。


積雪はすでにありませんが、稜線かなり田んぼになってい るところがありました。


大山
難易度 危険なところはないと思いますが、距離は長いです。体力的には文句なく★★★で、通常は1泊2日を要するところです。
所要時間 大倉−塔ノ岳 3H30
   塔ノ岳−丹沢山 1H
丹沢山−蛭ヶ岳 2H
蛭ヶ岳−檜洞丸 3H20
檜洞丸−西丹沢自然教室 2H20
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
水場
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 駐車場まで舗装。ゲートのある有料駐車場を使います。トレーラ不可
登山計画書 登山口で出せます
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net