サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日5日は、男女倉山(おめぐらやま)へスノーシューしにいってきました。
朝、那須岳の朝日を狙おうと思って那須にいたのですが、那須温泉から上は吹雪…風は多少覚悟していたのですが、吹雪でまっしらでは登ることはできません。さっそうに敗退にして、霧が峰へ転進です。車山肩は今日は駐車場がいっぱいだったので、八島湿原の方から蝶々深山まで歩いてみました。

車山はMLでは定番化してますが、まあ、手ごろなフィールドだからね…

以下写真のみ

写真 今日の天気は大荒れでした
写真 八島湿原のトイレは冬季閉鎖されていました。周辺施設も冬季は営業していない模様です。
写真 こちらが駐車場の様子。完全には除雪されていませんが、10台か20台くらいはとめられる位のスペースが確保されています。
奥に見えるのは鷲が峰ですね。小一時間くらいで登れると思うのですが、肝心の展望はイマイチだと思います。
写真 車山の方向を見上げます。湿原内はちょうどくぼ地になっているので、あまり周囲の展望がありません。
写真 向きを変えたところ。湿原のむこうにみえるのが、左から男女倉山、北ノ耳、南ノ耳かな。
写真 青空が広がりました。おもったほど風は強くありません。
この湿原内をテクテクしたらどんなに気持ちいいだろう、と思うんですけど、残念ながら立ち入り禁止。
写真 新しい芽がでてきました。春はもう近いです
写真 湿原。まっしらです
写真 えっと、鎌ヶ池キャンプ場とか言ったかなあ。
このわきをテクテク上がると男女倉山(ゼブラ山)へ登頂です。
写真 スキーで歩いている人もいっぱいいました。スノーシューや、たぶんわかんでも楽しめると思います。
写真 松に雪
写真 山頂が近くなってまいりました。
写真 枝についた氷
写真 男女倉山のほうから八島湿原を見下ろす
奥に見えているのは中央アルプスと木曽御嶽
写真 男女倉山の山頂
写真 蝶々深山のほうを見ます
写真 雪原。そんなに沈まないと思うんだけど、ツボ足では無理です…
今日は弱層ができていたので、車山付近はなだれ注意だったかもしれん。
写真 でもって青空があって
写真 シュカブラもあって
写真 休憩に入ったとこ
写真 食事中あむあむ
写真 はいはいスノーシューですよ
写真 2本並んでたってました
写真 北の耳から蓼科山
写真 もこもこ雪
写真 雪です雪です手袋です
写真 南ノ耳のほうを見ます。
ちょっと雪庇が出てる感じがするね
写真 蝶々深山へも再びやってきました
写真 浅間山。今日はあのへんは風が強かったみたいで、ガスの中へ入ったり、写真のようにガスが取れたりめまぐるしく変化していました
写真 蝶々深山からのくだり。一応ロープが張られているのですが、悪天時はホワイトアウトする可能性があるので、天気のいいときを選んで入山してください
写真 物見岩へもやってきましたよ〜
写真 スキーとすのしゅの足跡をたどって、
写真 キャンプ場の建物だと思う
写真 つらら
写真 再び車山の方を眺めます
写真 そしてこちらが拡大図。山頂にあるのは気象ドームです
写真 だそうです
写真 えーっと、自信がないのでノーコメント
写真 左が八つ、中央が富士山、右が南ア。
写真 甲斐駒です
写真 ススキと太陽。夕日を待ちます
写真 雲がかかってる一番高いのが赤岳。右が阿弥陀で左が横〜硫黄かな?
写真 なんだろう
写真 もこもこ雪。この前使った駐車場が除雪されてなかったから、多分最近雪がふったんだと思う
写真 ちょっと色づいて…ウソです。フィルタ使いました
写真 足跡
写真 八ヶ岳核心部。高いのが赤岳で手前が阿弥陀、右は権現だなあ。
写真 さあ夕日のはじまりです
写真 御嶽の方向に日が沈みます。左は中央アルプス
写真 沈みます
写真 これがさ、花とかなら綺麗なんだけどさ、冬だからなあ…こんなものしかないよ
写真 これはちょっといい感じかなあ
写真
写真
写真
写真
写真 これにて終了

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 八島湿原ー男女倉山−蝶々深山ー八島湿原
地図 昭文社山と高原地図 美ヶ原霧が峰
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 登山道は別段難しいところはなく、初心者でも大丈夫です。ただ、易しいといっても冬山ではあるので、装備は万全にしてください。
所要時間 ぐるっと回って3時間くらいか、もうちょっと
他の季節 冬場はあまり積雪がありませんが、スノーシューの格好のフィールドになります。 ただし、霧が出ているときは地形が平坦なので危険です。道路は八島湿原〜和田 峠の間が冬季閉鎖。
夏はニッコウキスゲが咲き乱れますが入れ込みが多く、駐車場が1時間待ちとかいうことも普通にあります。
トイレ 八島湿原のトイレは冬季閉鎖。車山肩の施設はすべて冬季閉鎖だったようです。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません。
交通 諏訪ICから車で1H程度。駐車場まで舗装。トレーラ微妙
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net