サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
22日、蓼科山へいってきました(女神茶屋−往復)
22-23日、宴会…ちがった、天狗岳へいってきました
(桜平−根石−西天狗−中山−麦草峠)

蓼科山の一番近いICは諏訪ICですが、今日は小屋どまりで 余計にお金払わないといけないのでオール一般道で頑張ります。 すずらん峠の駐車場に到着したのが4時30分。普段であれば ヘッドライトをつけて歩くところですが、ちょっと鬱が入って て良くありません。今日はやめて帰ろうなんて気分で車を動か しますが、やっぱり気が変わって再び登山口へ戻ってきます。 5時30分スタートで僕が一番手。駐車場の少し下のバス停の 所まで歩いて、そこから入ります。入った途端かつてないほど の大きさでガサガサッといわれますが、その後ピーピー言って いるので鹿だということがバレてしまいました。
登山道は笹原の間からいき、岩がゴロゴロしている歩きづらい 道にかわります。はじめからわかってたことですが、トレラン シューズじゃなくて普通の軽登山靴の方が歩きやすいはずです。

少し登ってくると後ろに八子ヶ峰とヒュッテアルビレオを望み ます。山頂付近に広がった平原が山ののどか感を演出します。 1時間ほどで2112標高点に到着。道標には縦に二一一二と 書いてあるので何mかわかりません。2112mだと思うので すが、もしかしたら111111mかもしれません。ああエベ レストより標高が高いミステリーサークル地点が長野の山奥に あるって聞いたことがあるから、多分ここのことだな。なわけ ねーだろ!!
道標を見落としたら、少しだらだらした斜面が続いたあとほん の一瞬だけ下るのが目印です。ここが中間地点。ちょっと樹林 の中に狭い広場があるのですが、じめじめしてるので休憩には 適しません。

あとは森林限界までしんどい急登です。樹林が切れるとバアッ と視界が開けますが…が…
…今日はイマイチですね。一応、八つと南アと、中央アルプス の高いところあたりは見えています。風は秋風ですけど、秋風 の入った天気じゃないですね。まだ展望の山はもうしばらくお あずけかもしれません。

森林限界をこえるといよいよ歩きづらくなって、足なんかすぐ 捻りそうですがおっとそうはいかないぜ。ぐるっと小屋まで巻 いた登山道は無視して、冬と同じで山頂へ向かってまっすぐ直 登して到着です。
蓼科山は4度目で、無雪期の女神茶屋ルートは初。結論から言 えば、夏登る山じゃないな。冬のほうが格段に楽だ。
登りCTは2H30だから時間的には手ごろだけど、結構のぼ りではある山だと思う。夏やってきてこのへんの山をみんな登 り歩いたら楽しいだろうね。

帰りはヘリでもいいのですが、呼ぶのがめんどくさいので歩い て下山します。

すずらん峠の駐車場は20台くらいで結構一杯になってました。 すいていればマイクロ位の車はいけると思います。


でもって、馬肉のすきやきが食える山小屋で酒盛り…おっと本 音がでちゃったぜ。じゃなくて、硫黄岳に登ります。なので、 次は桜平へ移動するのですが、その前にラーメンが食べたい。 ごはんものは消化する自信がないので、こってり汁がいい。と 思って茅野まで車を走らせます。が…「すみません、11時か らなんです」11時まで待ってたら山小屋につけません。ラー メンは諦めてふたたび山の上へUターン。三井の森から唐沢鉱泉 をめざします。
桜平方面への分岐のところからぐえっひどい林道だ。いきなり しょっぱなの大穴にハマって車の下をしたたかにぶつけます。 でもその後はまあ調子がいいかなあ、と思って走っていると隠 れ穴があって車の下をしたたかにぶつけます。僕の車でもいけ たから、普通車でもそんなにしんどくはないと思いますが、で も僕はもう1回行けと言われても、特段の理由がなければやだな…

桜平はまさに林道終点といったところで、しかも車がびっしり です。予想通り駐車スペースがあいてないな、と思ったら、終 点で転回しているうちに誰か出てくれたみたいでいちばんいい 場所が1台分あいてますラッキー。幸運を期待できない普段の 行いの悪い人は、車は多少傷つけられるくらいの覚悟はしていっ た方がいいかもしれないです。4.7m以上の大きい車はやめた 方がいいけど、でも5m位のキャデラックと、同じ位のサイズ のキャラバン・ロングが止まってた。

桜平からはゲートをくぐりまして、…林道を歩きます。林道で すねこれは。八ヶ岳ってなんか林道歩かないといけないような 気がするから嫌いなんだよね。で、この林道を20分ばかり歩 くと小屋が見えてきます。夏沢鉱泉です。風呂も入れますが、 ゲートからわずか20分の小屋ですので特に用事もありません。 先に進みます。

先に進むと、まだ林道です。なんだこりゃあ。テレビでは、下 から背負って荷物上げてるんですよとかネボケたこと言ってた けど実際に背負ってる距離は30分じゃないかゴラァ。という わけで最後の30分は無事登山道を歩くことができました。

で、小屋の前へ出て、お連れさんがくるのをボーっと待ちます。 12時が過ぎて、1時が過ぎて、2時が過ぎて、

…この小屋の前たばこ臭いんだよ。我慢ならないからはやくき てくれ。

と思ったのですが、3時を過ぎてこりゃダメだ今日は1人だ。 酒担当の人もこないから、ビールを買って、持ってきたしいた けも焼いちゃうもんねぇ。一通り焼いて酒も終了していい気分 になったから小屋の受付をしているところで到着です。

(ここから先は記憶にありません)
酒をしこたま飲んだ

うまい夕食をくった

風呂入った

隣の人を蹴飛ばしてねた

朝がきた

鬱っぽいのでおふとんでぬくぬく
(ここまで記憶にありません)

いやあうまかったねえ。でも、あれなら自分たちでもできな いレベルではないな。よしっ今度たばこくさくないところで やってやろう(バカ)

で、翌朝になって、行き先です。もう目的は果たしたことだ し、さすがにこのまま下山するのはアレなので、峰の松目と 硫黄岳くらいは登っといてもいいかあ。え?麦草峠までいく の?今日は雨予報だし、お客さん物好きですなあ。いって らっしゃ〜い。それにしてもみんな山が好きだ。え?あんた もいくの?ハイハイいきますよ〜

というわけで、小屋の前を左手に折れ、40分ばかり登った ところで箕冠山(みのかっぷやま)へやってきました。ごめ ん、今振り仮名ウソふった。本当はみかぶりやまだ。それに しても、登山口から1時間30分で主稜線かよ… でもって、根石へくだって、天狗へあがって、西天狗にいっ て、黒百合ヒュッテで昼食。中山を下りはじめた頃大雨につ かまります。高見石から丸山経由で麦草峠へ。わけがわから んうちにがっつり歩かされて今日は筋肉痛です。

写真 すずらん峠の駐車場
写真
写真 ふりかえって八子ヶ峰をみたところ
写真
写真 森林限界上へ出ます
写真 蓼科山
写真 蓼科山から
写真 夏沢鉱泉
写真 オーレン小屋の様子。
写真 カモシカ
写真 みかぶり山。展望はありません
写真 根石山荘前から根石岳へあがるところ
写真

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 女ノ神茶屋−蓼科山 往復 桜平−オーレン小屋−根石岳−西天狗岳−中山−麦草峠
地図 Yahoo! 麦草峠
地形図 天狗岳
難易度 蓼科山、天狗岳とも★★でいいと思います。いずれもさほど厳しい場所はないでしょう。
所要時間 女ノ神茶屋−2112 1H20
2112−蓼科山 1H20
蓼科山−女ノ神茶屋 1H40

桜平−夏沢鉱泉 20分
夏沢鉱泉−オーレン小屋 40分
オーレン小屋−根石岳 1H
根石岳−東天狗岳 40分
東天狗岳−西天狗岳 往復40分
東天狗岳−黒百合ヒュッテ 50分
黒百合ヒュッテ−中山 40分
中山−高見石小屋 1H
高見石小屋−丸山−麦草峠 1H
他の季節 蓼科山

積雪はまずまずの位置にあり、難易度的には雪山中級くらい。トレースがあれば日帰り可能です。
山頂付近は森林限界上なので、ピッケルと前爪つきのアイゼンが必要です。雲取山よりは確実に難易度は高く、このホームページの基準では文句なく☆☆☆になります。
無雪期では、コースタイムのさほど長い山ではないので、秋口の少し空気の澄んだ季節がおすすめと思います。

桜平−根石岳周辺

基本的に冬季登山には適しません。桜平までの林道は冬季通行不能です。とくにオーレン小屋から南側へは絶対に入山しないこと。

天狗岳周辺

冬季は渋ノ湯から入山するのが一般的です。雲取山などある程度冬山入門的コースを1シーズンみっちり歩いた人がステップアップするのにちょうどいい山と思います。6本爪アイゼンでいかれるぎりぎり位。4本爪アイゼンは適しません。厳冬期の気温は−20度くらいになるので、冬山入門のつもりだったら2月前後をはずして、12月か3月くらいがいいでしょう。

麦草峠周辺

麦草峠は冬季車両通行止め。スノーシューのフィールドとしてよく歩かれていますが、樹林が深いので梅雨の時期も案外いいかもしれません。
トイレ すずらん峠の駐車場に仮設のトイレがあります。

桜平のゲートをくぐって1本目の橋をわたった左側に仮設のトイレがあります。
水場 蓼科山

ありません

天狗岳

夏沢鉱泉、オーレン小屋の水場はよく出ています
根石岳の水場は小屋内ですがよく出ています。
黒百合ヒュッテの水場は夏場枯れます
高見石小屋の水場の状況は不明
避難小屋 ありません
幕営適地 蓼科山
2113付近。冬季のみ

天狗岳
オーレン小屋、黒百合ヒュッテ、高見石小屋
交通 すずらん峠
諏訪ICから1時間弱くらい。クルマでないと厳しいと思います。トレーラは避けたほうが無難。駐車場まで舗装

桜平
諏訪南ICが近いかもしれませんが、諏訪ICからいった方がわかりやすいと思います。桜平までの林道は未舗装。林道の通行は普通車でぎりぎり。
大きい車はことごとく敗退です。桜平まではタクシーが入り、茅野駅から7000円程度だそうです。
登山計画書 蓼科山
出せません

天狗岳
夏沢鉱泉で提出できます
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net