サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

27-28で、宴会…ちがった、峰ノ松目〜硫黄岳へいってきました (美濃戸口−赤岳鉱泉−峰ノ松目−オーレン小屋(泊) −赤岩ノ頭−硫黄岳−赤岳鉱泉−美濃戸口)

相変わらず腰が痛いのである。夏山はもう選挙があるかもしれないし 今年は断念の方向で進んでいるのですが、まあ1泊だったら問題なか ろうと思ってでかけました。でも…

もう、美濃戸山荘へやってきた頃には、なんか酒を背負ってきたこと を後悔していました。あーもうダメかもしれない、って。

相模湖で7時すぎに集合して高速にのります。ノリホの日の遅い時間 なのでかなり混んでますが、止まることはなくて9時すこしすぎには 美濃戸口へやってきます。
美濃戸までは車の乗り入れが可能ですが、僕的な環境保護として、な んかあの林道の末端まで車を入れることに抵抗があります。それをみ んなにおしつけて、美濃戸口から美濃戸までは徒歩で歩いてもらいま した。まあでも将来的にどうするかはわかりません。確かにあの林道 の末端まで車を入れれば時間的なメリットは大きいです。
駐車場はほぼ満車ですが、車をよけるような場面はほとんどありませ んでした。この林道も結構いろんな花がさいていますし、話に花を咲 かせればそんなに苦になる距離でもありません。ねえ、この花めずら しいけど何かな?えっと…タンポポ。あ、タンポポね。名前だけは聞 いたことがある(爆)
美濃戸で牛乳をのんで、もう1時間の林道歩き。林道の2時間目はさ すがに苦になります。これがあるから、なんか八ヶ岳からは足が遠い んだよなあ。
もう1時間、川沿いを歩くと赤岳鉱泉に出ます。ちょっと腰にきてる んでカメラをしまいこんで出発。赤岩ノ頭へは斜度を強めますが淡々 と足を動かし続けるとコースタイムよりだいぶ短い時間で上へ出るこ とができると思います。

赤岩ノ頭からは阿弥陀や赤岳の展望が出ます。硫黄岳までは実荷で 20分ですがちょっと時間がおしてるんで翌日回し。時間的には余裕 で写真撮りながら歩けるかなーと思ったのですが、コースタイムも思っ たよりあったし出発の時間も遅かったのでそんなことしている時間は ありませんでした。
赤岩ノ頭からは峰ノ松目へ向かいます。峰ノ松目方面は入る人が少な いようでふみ跡が細くなります。峰ノ松目付近は雰囲気的には北八つ です。展望はありません。

でもって、歩くほうはさらっと、なんですけど、馬肉のすきやきの食 える山小屋で酒盛り≦☆♀★●◎−☆@*%<♀●…

ぷはぁ〜うまぁ〜

なにしろ今回の山行の名称は、○○山、じゃなくて、オーレン小屋よっ ぱ〜オフですからね。山小屋が目的なの。登頂じゃなくて。今日は新 潟の地元でしか買えない地酒ですからね。

あ、よっぱらわないうちに書いときますけど、現地で1人テントの人 を拾ったんですけど、夕食のみってできます?って聞いたら、OKだ といわれました。夕食のみは2300円でした。料金表にはなかったんで 常時できるかどうかはわかりませんので確認してください。

翌日は夏沢峠経由で硫黄岳へあがるつもりだったのですが、メンバー 1人少々バテ気味だったので赤岩ノ頭へ戻って、そこから硫黄岳に登っ て(後から考えるとどっちから登ってもたいして違わなかったのかも) 赤岳鉱泉までおりてきたらまた酒…行動中の酒は厳禁だっていうのに、 舐めるだけだかんねコラッ。
でもこれで瓶の底にちょこっとだけ残っていたやつが完売しました。
オーレン小屋の前の囲いの中にコマクサが3つばかり咲いていました。


帰りは甲府をすぎたあたりから雨模様。家に帰ってきて、今日朝から 雨だった?って聞いたら、やっぱり朝から雨降ってたらしい。2日間 もってくれた天気に感謝。

写真 駐車料金からいきます。
写真 駐車場はこんなかんじで上段は埋まっていました
写真
写真 林道を歩きます
写真
写真 花。なんかマクロモードにしてもピントがあってくれないなあ
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真 山小屋の個室
写真 天狗岳
写真 赤岩ノ頭から硫黄方面
写真 東と西の天狗岳、蓼科山方面
写真 赤岳、阿弥陀方面 奥にうっすらと見えているのは南アルプス
写真 今回のお酒
写真
写真
写真
写真 これでおしまい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 美濃戸口−美濃戸−赤岳鉱泉−赤岩ノ頭−峰ノ松目−オーレン小屋(泊)−赤岩ノ頭−硫黄岳−赤岳鉱泉−美濃戸口
地図 昭文社山と高原地図 八ヶ岳美ヶ原霧が峰
1Google 赤岩ノ頭
地形図 蓼科
難易度 初日の行程が6時間30分近くあるので、よっぱらい目的で歩くとちょっと歩きでがあります。
所要時間 美濃戸口−美濃戸 1時間10分
美濃戸−赤岳鉱泉 2時間10分
赤岳鉱泉−赤岩ノ頭 1時間30分
赤岩ノ頭−峰ノ松目 1時間10分
峰ノ松目−オーレン小屋 35分

オーレン小屋−赤岩ノ頭 1時間20分
赤岩ノ頭−硫黄岳 20分
赤岩ノ頭−赤岳鉱泉 1時間20分
赤岳鉱泉−美濃戸 1時間50分
美濃戸−美濃戸口 50分
他の季節 冬場はなだれのおそれがあるため通行禁止、だそうです。赤岳鉱泉まではいけます。赤岩ノ頭を経由して硫黄岳は冬場比較的登られていますが、事故もあったので注意してください
トイレ 各山小屋にあります
水場 各山小屋
避難小屋 ありません
幕営適地 オーレン小屋、赤岳鉱泉 堰堤広場でも張れないことはないです
交通 諏訪南ICから30分程度。コンビニがICすぐのファミリーマートしかなく、GSはない。美濃戸口まで舗装。美濃戸口−美濃戸間は未舗装ですが普通車で大丈夫 トレーラは微妙
バスは茅野駅発
登山計画書 美濃戸口、美濃戸で提出できます
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net