サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   


8日、負釣山(おいつるしやま)へ行ってきました

舟見
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=55372405

富山県は山に恵まれているようでいて、大きい山はいくつもあるが 手ごろに登れる山は数が少ない。負釣山は富山県東部黒部扇状地の 源流にある、標高1000mに満たない山である。が、冬の厳しい 富山のこと、通年で登れる山はどうしてもこの程度の標高になって しまう。

アプローチは北陸道黒部ICか朝日ICを使います。距離的にはど ちらも同じなので近い方のICを使えばいいでしょう。バーデン明 日(あけび)を目指して走り、バーデン明日のわきから林道へ入り ます。林道は…自分の車じゃなかったからなあ。あんまり覚えてな いが、3キロくらいだと思います。この林道は冬季は通行止になる 可能性があり、その場合はこの林道をテクテクと歩くことになる。 公共交通機関でのアプローチは絶望的なので、車で行ってください。

登山口までは舗装で、登山口には大きな看板が立っているのですぐ わかるでしょう。トイレは仮設。

登山口
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=55372455&slidex=800&slidey=2000
からは供用を廃した林道を登っていき、すぐに登山道にかわります。 ツツジが少し咲いていた他、それなりに花も咲いていましたが数は 多くありません。それよりも、植生が日本海側ですからね、新潟の 越後駒とか、平ヶ岳あたりと植生が似ているような気がしました。 しばらくたりらんたりらんと歩いていくと、結構歩いて1合目がやっ てきます。次々に2合目3合目と踏んで、4合目をこえたところに 三角点。登山道は尾根が細い上、登山口の標高が低いですから、 1000mくらいの山と思ってかかると結構しんどい思いをします。 アプローチが容易なので地元ではトレーニングの山としてよく登ら れているそうです。比較的入山者の多い山です。

山頂までは登山口からCTで2時間くらい。7合目にベンチが設置 されていましたが、あまり休憩に適した場所はないので一気にいっ ちゃってもいいでしょう。

山頂からはね、いい展望ですよ。栂海新道から朝日岳方面が良く見 えて、天気のいい日には、剱岳や白馬岳、五竜や鹿島槍なんかも見 えるそうです。山頂には展望板が設置されているのでどの山がどれ かはわかりやすいでしょう。山頂は5人位が座るのにちょうどいい 位ですが、虫が多いのでゆっくりするのはつらいかもしれません。


南峰(978)へは往復1時間で踏み跡がついています。西方向に も踏み跡がありますが、これは見なかったことにしておいた方がい いようです。

写真 駐車場までの道路は舗装ですが離合は厳しいです。駐車場はこんな感じで
写真 10台か、もうちょっと止められるかな、という位。大型車での進入は厳しいでしょう。
写真 供用を廃した林道からあるきはじめます。この林道へ車を入れても駐車スペースはないものと思います
写真 ツツジ
写真 森なのですが、太平洋側の森と雰囲気がだいぶ違います
写真 合目表示が、1合目から9合目まであります。上のほうがすこし詰まってて、登山口から1合目がちょっと長い感じがしました。
写真 銀竜草
写真 これは5合目あたりからの展望だと思います
写真 負釣山の山頂です
写真 展望版があります。朝日岳や栂海新道などのルートが見えました。天気がいい日には五竜や鹿島槍、剱岳なんかも見えるようです。
写真
写真
写真 下山してきました

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート バーデン明日(あけび)先登山口−山頂 往復
地図 2万5千分の1地形図 舟見。昭文社の地図でカバーしている図葉はありません。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 尾根がやせており手を使わないといけないところも多いので、★★としました。そんなに難しくはないですが、慎重にいってください。
所要時間 登山口−山頂 2時間
山頂−登山口 1時間30分
他の季節 標高1000m以下の山ですが、場所が富山の、海風がもろにあたるところなので、冬場はラッセルになる可能性もあります。厳冬期でもさほど厳しい条件にはならないようですが、林道に入れなかった場合相当時間がかかることも考えられるので、時間には余裕をもって。適期は5月や10月〜11月くらいで、夏場は暑い思いをすることになると思います。
トイレ 駐車場にありますが、仮設で見るからに綺麗ではなさそうだった。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 車でないとアプローチは難しいでしょう。逆に車であれば、比較的アプローチの容易な山だと言えると思います。登山口の駐車場は10台程度ですが、大きい車での進入は無理です 駐車場まで舗装
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net