サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


2002.8.15
 上高地→殺生
2002.8.16
 殺生→槍ヶ岳→双六小屋
2002.8.17
 双六小屋→新穂高温泉
2003.8.10
 新穂高温泉→双六小屋
2003.8.11
 双六小屋→鷲羽岳→黒部五郎小舎
2003.8.12
 黒部五郎小舎→黒部五郎岳→太郎平
2003.8.13
 太郎平→薬師岳→スゴ乗越
2003.8.14
 スゴ乗越→五色が原
2003.8.15
 五色ヶ原→立山→剣沢
2003.8.16
 剱沢→剱岳→奥大日岳→大日小屋
2003.8.17
 大日小屋→称名滝→称名駐車場

アドバイス
   

●2002.8.16 殺生→槍ヶ岳→双六小屋 (霧)
前日よく降っても、僕の場合撤収のときは雨があがることになって いる。あの夏の天気ではないが、雨はあがってとりあえずは人心地。
雨もあがったのでシュラフを干し、荷物をデポして槍の穂先へ。槍 渋滞にはまり結構いい時間になってしまう。
槍から千丈沢乗越へは歩きやすくも激しい下り。降ってはいないも のの決して優れない天気だ。さらに樅沢岳へ向かった硫黄乗越先で 足に痛み。CT30分そこそこのところが1時間近くかかって双六 へ入る。

明日からは天気にも恵まれいよいよ核心に入る。ちょっと足は痛い が、鷲羽岳水晶岳、なにより綺麗な双六岳を目の前に見るビールは 実にうまいものである。

この後、双六の診療所に立ち寄り、とんでもないことを宣告される。
剥離骨折−


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net