サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

2002.8.15
 上高地→殺生
2002.8.16
 殺生→槍ヶ岳→双六小屋
2002.8.17
 双六小屋→新穂高温泉
2003.8.10
 新穂高温泉→双六小屋
2003.8.11
 双六小屋→鷲羽岳→黒部五郎小舎
2003.8.12
 黒部五郎小舎→黒部五郎岳→太郎平
2003.8.13
 太郎平→薬師岳→スゴ乗越
2003.8.14
 スゴ乗越→五色が原
2003.8.15
 五色ヶ原→立山→剣沢
2003.8.16
 剱沢→剱岳→奥大日岳→大日小屋
2003.8.17
 大日小屋→称名滝→称名駐車場

アドバイス
   

●2003.8.11 双六小屋→双六岳→三俣蓮華岳→鷲羽岳→黒部五郎小屋 (雨)

トランプの2枚目は霧と出た。もともと天気図は読めるタイプではない が昨日の4時には夢を見ながらラジオを聞いて気象通報を取ったので何 がなんだかさっぱりわからなかった。ただ、台風が過ぎた後にしては日 本近辺は気圧が低いな、とは感じたし、普段の夏とはちょっと違う感じ がしていたのも確かだ。が、あの晴天から一転して雨、までは予想でき なかった。

去年の失敗を糧として、いつ降ってきてもおかしくない天候だったので 雨具を着込み、雨でないだけマシさと嘯いて撤収をはじめるとすぐに雨 になる。昨日あれだけにぎわっていた小屋前のベンチもすっかり濡れて 今は誰もいない。当たり前か。天気も良くなく小屋通過もあるので今日 は水の量は最小限に調整する。

昨年登れなかった双六岳。荷物の重さに参りながらも少し嬉しい山登り。 中道と尾根道との分岐で躊躇する学生さん団体を横目に迷うことなく迷 いやすい双六のピークへ向かい、何の展望もない双六の山頂へ。双六小 屋直下の2622あたりから見ると実にきれいな山だが、展望もなくし てありがたみも半減。が、おそらく晴れていれば最高の場所なのだろう。 今日はケルン頼り。登山道わきのケルンさえ見落としかねないくらい低 い視界になった。

昨日のあの大量の人はいったいどこへいったのだろう。今日は至って静 かなもの。誰もいない双六山頂で少しだけ荷物を降ろして心の眼で槍を 堪能した後三俣蓮華岳へ。双六岳から下り始めるところはお花畑。標高 差はほとんどないが、ガレ場を大きく下り、結構登り返しがきつい。今 日はじめてのすれ違いは2854直下で単独登山者。えらく高く見える がとりついてしまえばたいしたことはなく、寧ろこの場所が「三俣蓮華 岳」ではなく「丸山」であることの方がダメージは大きいだろう。下り 始めるが山頂を通り過ぎたわけではなく、三俣蓮華岳の山頂にはきちん とした道標が設置されている。酔っ払いの千鳥足でもない限り見落とし て通り過ぎることなど不可能だ。三俣は意外と遠く、しかし丸山よりは 標高は低い。

三俣蓮華岳付近は県境未線引きとなっているが、およそ登山道に沿っ て長野と岐阜と富山の三県にまたがっている山と考えていいだろう。 学生団体と入れ替わりに山頂を踏む。こちらも全く展望はなく、雨の 中長居する気も起きずさっさと三俣山荘へ下り、空身で鷲羽岳を往復。 雨具はすでに着ているので本当に空身である。

鷲羽岳は実荷だとそのキツさを特筆する人が多いが、空荷でのぼり50 分。標高差400mは伊達ではない。地図を見ていない側が悪いが、 次々に霧の中からニセピークが浮かび上がり、呆れる頃にようやく風雨 の山頂に立った。カシミールで確認する限り水晶岳や薬師の稜線はもと より立山、さらに大日岳まで展望が得られることになってなっているが この雨では鷲羽池さえ見ることができない。たいしたことはないが少 し東側に切れ落ちているところがあるのでそこだけ注意しながら三俣 山荘に戻る。

雨はいよいよだだ降りになってきた。明日が雨ということはすでにわ かっているのでここで切り上げにして翌日五郎小屋まで2時間の移動、 という手もあるが、万が一晴れると悔しい。
後ろ髪をひかれる思いで三俣山荘の安全地帯を放棄し、黒部五郎まで 歩くことにする。
まきみちを辿るが、意外とこれが大きい登り。三俣蓮華岳から北へ伸 びる尾根東側2660付近の雪渓を渡るあたりまではよかったが、雪 渓を渡って上の台地へ上がり、2つ目の道標を直進し、三俣蓮華から 北へ伸びる尾根から派生する2231へ向かって伸びている尾根の 2690の小ピークへ立ったらしい。
素敵なことに、この手前の2700の位置に2690へ向けて矢印が書 かれた富山県の道標がある。ずいぶん多くの人が入り込んだのだろう。 すっかりきれいな踏み跡になってしまっている。あまりにも道がきれい になっているので道を誤ったということがにわかには信じられず引き返 すのには躊躇。いったんザックをおろして道を探し始める。結局約15 分のタイムロスとなる大掛かりな道迷いとなった。逆からきた場合ここ で道を間違える可能性はないと思われる。

最後は盛大な下り。ガスの中から屋根が見えてくる頃には小屋は目の前 だった。少し小康状態になったのでテントにする。日のあるうちは雨も やんでいたが夕方からかなり強く降ってきた。疲労激しく、この日も咳 が止まらなかった。

  ※黒部五郎小舎 テント場
   水場あり小屋内無料 トイレ小屋
   小屋→テント場 少々遠いが気にならない程度


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net