サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


2002.8.15
 上高地→殺生
2002.8.16
 殺生→槍ヶ岳→双六小屋
2002.8.17
 双六小屋→新穂高温泉
2003.8.10
 新穂高温泉→双六小屋
2003.8.11
 双六小屋→鷲羽岳→黒部五郎小舎
2003.8.12
 黒部五郎小舎→黒部五郎岳→太郎平
2003.8.13
 太郎平→薬師岳→スゴ乗越
2003.8.14
 スゴ乗越→五色が原
2003.8.15
 五色ヶ原→立山→剣沢
2003.8.16
 剱沢→剱岳→奥大日岳→大日小屋
2003.8.17
 大日小屋→称名滝→称名駐車場

アドバイス
   

●2003.8.12 黒部五郎小屋→黒部五郎岳→赤木岳→太郎平 (雨)

目を覚ますとなにか息苦しい。目の前にテントの布があった。
テントを張った向きが悪かったらしい。強風に吹かれて、なにしろ合戦 尾根のスイカの如く幅の薄いテント。真横になる程吹かれていた。鞍部 なので風が強いのであろう。
鬱もはじまって今日は停滞にするつもりでいたが、テントの数が減るに したがって停滞していても仕方ないような気分になり、少し遅い7時の 出発。カール内を歩くので風のほうは大丈夫そう。
五郎はゴーロからきた、というだけあって、大きい石がいくつも転がる 歩きづらい登山道。小屋から40分ほども歩くと樹林が切れてカールの 中にいるのがはっきりわかるようになる。槍沢の、大曲から二俣の間を さらに横に広げたような印象。花百となっているが花の方は僕は目立た なかったように思う。緑と灰色がきれいだったので、おそらくここは晴 れていればいい具合なのだろう。今日は雨交じりで、しかも沢登り。直 接靴の中に入ったりはしないが、もう雨2日目なので靴の中はビッショ リである。
小屋から1時間半くらい歩くとはっきりと傾斜が変わる場所がある。こ こからがいよいよカールの底から淵へ向かってののぼりになり、かなり 急な傾斜をジグザグにあがっていく。結構厳しいかな、と思ったが、こ こまでにかなり標高を稼いでいるので案外すんなりと稜線に出るが、こ こからがまだ長かった。肩に荷物を置いて空身で往復。山頂で少し話し 込んで本日の連れをゲット。太郎まで4時間くらい、というと、じゃあ 太郎までいってみるか、っておいおい。どこへいくつもりだったんだ?

黒部五郎岳から中俣乗越へ向かっては大きな下り。こちら側を歩いてい る人はほとんどいないのかな、と思いきや続々と人が上がってくる。南 と違って北はどこでも人が歩いているのね、と妙に感動。
1時間ばかり下った2578の手前10mのところでいったん休憩に入 り、中俣乗越のところで赤木沢からの踏み跡を確認。
2575手前鞍部で再度の休憩に入り、やや雨交じりの赤木岳の肩(登 山道は山頂を巻いている)で集合。ここまでくると北ノ俣岳への登りは 比較的楽で、あと50,40,30…とカウントダウン。展望はないも のの北ノ俣岳では座り込める程度の雨の降り具合で少し小康となる。朝 はかなり悪い状態だったが、なんとか駒を1つ進めることができたわけ だ。
ここから先は一面のお花畑からはじまるきれいな緑色のなだらかな場所。 いかにも地形が「すばらしい」と訴えかけてくるのだが、残念なことに 見渡す限り真っ白で何も見えない。美しい地形の常でかなり踏圧で荒れ てしまっていてあちこちで再生をしている様子。そしてやってきました 2338直上の2350付近でニッコウキスゲ。今年は平が岳でもまっ たく見ることができず、半ばあきらめていた。
2338あたりからはずっと木道をたどる楽しいルート。太郎山へ登る 頃には少し空も晴れ、雲の平〜三俣山荘あたりが一望になるが、出発が 遅かったので15時も目前と少々時間も押してきておりあまり長居せず 小屋へ入る。濡れ物が多いのと、距離の都合もあり今日は小屋泊。少し 右足をいためてしまったようだ。テン トからシュラフからザックからフィルム袋から、とにかく何でもかんで も干し人心地つくと薬師本峰も夕方ちょこっとだけ顔を出して、明日の 好天を期待することにする。疲労は昨日よりひどいが天気が快方へ向かっ ている分気持ちは楽。とはいえ夜になるとはじまる咳は健在でどうにも ならない。

 ※太郎平小屋

  北アの標準と同じくらい?食事も良かったし、とりたてて不都合は   ないと思う。トイレに紙が用意してあったのにはびっくりした。

 ※太郎兵衛平テント場

  小屋→テント場 20分くらい。狭くて場所により傾斜地。
  トイレ水場近接


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net