サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

2002.8.15
 上高地→殺生
2002.8.16
 殺生→槍ヶ岳→双六小屋
2002.8.17
 双六小屋→新穂高温泉
2003.8.10
 新穂高温泉→双六小屋
2003.8.11
 双六小屋→鷲羽岳→黒部五郎小舎
2003.8.12
 黒部五郎小舎→黒部五郎岳→太郎平
2003.8.13
 太郎平→薬師岳→スゴ乗越
2003.8.14
 スゴ乗越→五色が原
2003.8.15
 五色ヶ原→立山→剣沢
2003.8.16
 剱沢→剱岳→奥大日岳→大日小屋
2003.8.17
 大日小屋→称名滝→称名駐車場

アドバイス
   

●2003.8.13 太郎平→薬師岳→北薬師岳→スゴ乗越 (晴後曇)

ようやくひいた晴れのカードは有効期限半日限り。朝食後すぐ出発し て6時にテント場通過。戻らないとすれば次のエスケープ地は室堂。 これでもう室堂へ行くしかなくなった。もう、いくしかない。

薬師平へは沢っぽくなったところのガレ場をあがっていく。天場近く の低いところでは樹林の中だが、すぐ樹林の上へ出る。両脇が下がっ てくると昨日歩いた太郎平や薬師小屋が実にきれいに見える。あんな きれいなところを歩いていたんだ。そして薬師平へ上がってくると槍 から黒部五郎までの展望。自分で登った山なのに、どんなカタチをし ているのかわからなかった。2650あたりまでくるとさらにさえぎ るものがなくなり展望は広がるが、ここから見えるのは東南尾根とぶ つかる避難小屋跡地(現在は避難小屋はない)で本峰はさらに1つ奥。

薬師岳山荘を見て感じたのは「富士山の山小屋みたい」
周囲の裸具合も、石垣の積み具合もまさにそれで、ここから薬師へ登っ た印象もふり返った印象もまさにそれ。なんとなく富士山に登ってい るような気分になりながら、久々に見る青い空。しかし暑くはない。 あの熱い夏はやってこない。
薬師までいくのが筋だが、避難小屋跡地でフライングしてひととおり 展望を楽しむ。昭和38年の13名はここで道を間違えての遭難にな る。
ひき続き薬師に立つ。赤牛岳が真正面に見え、やや下に薬師見平もみ えている。読売新道は強くそそられる道。先に手入れがされたとのこ とだからなおのこと僕のようなニワカ登山者、というか、温泉〜と意 味不明語を発しながら下界を目指す下山家にもやれる可能性のあるルー トとして、がんばれば手が届くところにあるルートに思えるのだ。そ して右手に目を移せば、まだ見ぬ水晶岳、何も見えずに登った鷲羽岳、 三俣蓮華岳、黒部五郎岳と今まで歩いてきた道のりが見えている。ま ださほど遠くはないようだ。そしてその裏に槍。槍はさすがに遠い。

今回は槍からは入らなかったが、あくまで「岳人の2つの憧れの山、 槍と剣岳をつなぐ縦走」が今回のテーマであるからして、昨年歩いた 槍はこの縦走の一部を形成している。少なくとも僕はそう思っている。

もう遠い槍と、そしてまだ遠い剱岳。どこかしら垢抜けて明るい雰囲 気を持った槍から離れ、剱岳。その重苦しい山、鈍色の鉛に覆われた 黒部の主の懐へ立ち入る第一楽章は今休奏を迎える。

ひとしきりにぎわった薬師岳から北薬師岳へ。途中切れ落ちておりちょっ と緊張するところ。そして北薬師の山頂には「ここで雨なら稜線風雨、 薬師越え厳し」、などと書いてある。はじめて出たお天道様がこの難 所。天気は今のところ我に味方しているが、さりとて確実に下ってい る。連日の行動で疲労もたまっているので早いところ天場へ入って休 養したい。

思いとは裏腹に2832で30分ほど座り込み。間山の池をはるか下 に見て、ちょっとうんざりが入る。30分くらい先に行った人は今日 五色までいくつもりです、みたいなことを言われても、霞の向こうに 映っているが如く遠い五色どころか、すぐ下に隠れて見えないスゴ乗 越でさえはるか遠い場所のように思われてならない。

右足をかばいながら、歩く。しかしまだ狭隘で険悪とはならない黒部 川を右手に見ながらの行程。地形的にはこのあたり、と思ったところ からさらに奥へ1歩入った樹林の中が小屋だった。小屋に着くと同時 にガスが上がってきて真っ白になる。テント場は2分下へくだったと ころ。ひととおり休憩した後テント場へ入りさっさと寝に入る。天気 のほうは今にも降りそうでなかなか降ってこない。4時頃目を覚ます。

隣の学生のラジオは良く入っている様子。悔しいなあ、と思いつつカ チャカチャやっているとなぜかNHK第一が入った後プッと音がして、 それきり何も言わなくなってしまった。あとの天気は運任せ。天気図 さんサヨウナラ。また重荷が増えた…悔しいのでさっさと寝ることに する。

  ※スゴ乗越テント場
    ちょっと狭く学生団体多い。敷地は快適。
    小屋から2分でちょっと離れている。移動には登山靴必要。
    水場小屋にあり無料
    トイレは小屋内利用可。
    外トイレは前世紀のそれ。中トイレは未確認。


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net