サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


2002.8.15
 上高地→殺生
2002.8.16
 殺生→槍ヶ岳→双六小屋
2002.8.17
 双六小屋→新穂高温泉
2003.8.10
 新穂高温泉→双六小屋
2003.8.11
 双六小屋→鷲羽岳→黒部五郎小舎
2003.8.12
 黒部五郎小舎→黒部五郎岳→太郎平
2003.8.13
 太郎平→薬師岳→スゴ乗越
2003.8.14
 スゴ乗越→五色が原
2003.8.15
 五色ヶ原→立山→剣沢
2003.8.16
 剱沢→剱岳→奥大日岳→大日小屋
2003.8.17
 大日小屋→称名滝→称名駐車場

アドバイス
   

●2003.8.14 スゴ乗越→五色が原 (風雨)

本日は停滞を決め込みたいくらいの雨になるが、五色へは6時間半。 今日は難所もなく距離の短い休養日になる。が、散々バテバテになっ て上がってくる連中を見ていなかったのか。

スゴへ向かっての下りから立ち上がるときはよかった。スゴの頭へ 向かって登っていくと、左手奥に越中沢岳への登山道が見えている。 それを横目に見ながら、とにかくスゴの頭へ向かって無駄な標高を 稼ぐ。巻けばいいのにどこまで登るのかと思いきや山頂直下まで登 らされて、続く登山道ははるか下。朝からいいアルバイトをしたと ばかりに必死に下り、再び越中沢岳へ登りかえす。今日はもうどう にもならないくらいの暴風。日本海側からの風が強いことになって いるが、今吹いているのは日本海への風。切れ落ちている西側へた たき落とされないよう注意しながら、岩陰へ入るとピタリと風が止 まって人心地。雨にたたかれながらのしばし休憩に入った。一口二 口水を飲み、これが結局この日最初で最後の水分補給。稜線に出る と再び強風にたたかれる。
越中沢岳をこえるとだだっ広い尾根が続き、この雨風の中でも比較 的快適にくだる。展望など何もなく、ひたすら耐えて何分歩いた、 とやる山行。ただただ歩いただけだ。たまさか花に目を向ける気に なったとしても写真など撮れやしない。

ストームクルーザーはえらく風通しがよく、湿度は溜め込まないが 保温にはあまり役立たっていない。1日行動して雨具の中はすっか り水を含んでいる。袖口も濡れてくる。だんだん体も冷えてきて辛 くなってきた。こうなるとあの咳がまたやってくる。ケホケホがゲ ホゲホに変わるかなり辛い状態。おまけに、どの雨具もそうなのだ が、どの雨具もウエストがでかい。丈であわせて買うと片っ端から ずり落ちてくる。これがまた歩くのに邪魔で鬱陶しい。丈だけL寸 でウエストはXSとかいうサイズはどこかにないのだろうか。

改めて緊張感のある尾根を鳶山まで上り返すと右手に雪渓。ガスば かりかかって美しくもなんともない。ただコントラストの低いモノ がそこにあるだけである。五色が原のカールを下っていき、やがて 木道におりたつ。五色が原地内へ入り、あたりは一面のお花のはず なのだがあたりを見る余裕など何もない。ひたすら歩き通し、五色 が原山荘を通過。今日ははじめから天泊は考えていない。本日の宿 泊地五色が原ヒュッテまであと15分。

ここを進んでいくと、結構なくだりのあとキャンプ場への分岐。こ の角にヒュッテはあるはずなのだが見当たらない。辛い雨のなかイ ライラしながらザラ峠の方まで少し歩いてみたが見当たらず、キャ ンプ場方面へ歩いてみるとなにやら廃屋のようなものが見えてきた。 まさか、と思って近づいてみると、無人の建物の壁に消えかかった 字で「ヒュッテ」、と書かれた字。なんと五色が原ヒュッテは廃業 になっていた。いつのことだろう。ここ1、2年の廃業ではないよ うな感じもしないでもない。必死になって登り返すこと20分。明 日この15分が行程に影響しなければいいが。

僕の到着は、さすがに早い時間に出てきただけあって2番目か。1 番の部屋を割り当てられ、丁重にもてなされる。あまり登山者とは かかわりを持たない傾向にある北アの小屋にしてはフレンドリーな 小屋で、場所柄北ア山域では入りが少ない場所とは思うが、今日は 特に入りが少ない様子。この雨ではどうにもなるまい、と思ってい る。が、しかし2時頃から4時頃にかけて続々と登山者が集まり始 める。この雨の中歩いている人がいた。びっくりである。



   ※五色が原山荘
     文句なく★★★★★
     風呂あり。
     自炊室がなく乾燥室が狭い点だけがネックか。



最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net