サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


2002.8.15
 上高地→殺生
2002.8.16
 殺生→槍ヶ岳→双六小屋
2002.8.17
 双六小屋→新穂高温泉
2003.8.10
 新穂高温泉→双六小屋
2003.8.11
 双六小屋→鷲羽岳→黒部五郎小舎
2003.8.12
 黒部五郎小舎→黒部五郎岳→太郎平
2003.8.13
 太郎平→薬師岳→スゴ乗越
2003.8.14
 スゴ乗越→五色が原
2003.8.15
 五色ヶ原→立山→剣沢
2003.8.16
 剱沢→剱岳→奥大日岳→大日小屋
2003.8.17
 大日小屋→称名滝→称名駐車場

アドバイス
   

●2003.8.15 五色ヶ原→一ノ越→立山→別山→剣沢(霧後晴)

昨夜の風呂が効いたのか、今日はすこぶる調子がいい。連日の行動で最 初の1時間目から足があがらない日が続いていたが、今日は快調。よう やく山慣れしてきたのだろうか。
ザラ峠では常願寺川の川音が聞こえてくる。反対側は黒部湖を見下ろす。 獅子岳への登りを軽くこなす。はしごの方は別段何でもないところで、 五色から一ノ越間では「落ちるほうが難しい」という言葉は、ちょっと 割り引くにしてもほぼ同意できるところ。
ふりかえるとテント場には学生団体のものと思われる大きなテント。あ の雨の中テントを張ったらしい。若いって、強いな。
鬼岳は脇を軽く巻いて雪渓を渡る。竜王岳の裏側には建物跡っぽい石垣 が組んであり、ここをこえるとすぐ建物の脇へひょっこり出る。富山大 学立山研究所、となっている。

この場所から1時間ばかり下れば室堂。下界へ出る場所のはずなのだが、 一面真っ白で何が何だかわからない。もっと下界下界している場所なの かと思ったが、少し拍子抜けした。とはいえ、今までの登山道から比べ ればはるかに下界臭さを感じるところ。

さて、今日の宿泊はどうするか。登山計画書には一ノ越と書いた。山小 屋では内蔵助と書いてきた。一ノ越は20分下。いくらなんでも一ノ越 泊まりはないだろう。だいぶ時間を詰めたので内蔵助もちょっと近い。 できれば今夜はテント泊でいきたい。となれば、剱沢だろう。ちょっと 遠いが、とはいえ内蔵助から1時間40分。さほどではない。
今日剣沢へ入れれば、剱岳の登頂のチャンスは2日ある。今日降らなけ れば明日は岩の乾いた絶好のベストコンディションになる。

立山といえばひたすら丸い山かと思いきやさにあらず。先日雄山で1人 落ちたばかりの結構厳しい山。立山研究所からは、落ちるところこそな いものの結構厳しい下り。20分を丸々使って一ノ越へやってくるが、 少し下を見ると室堂からの登山道。そこにいるのは人人人…。こんなに 大量の人を見たのは双六に泊まった初日以来。しかも、そこにいるのは 運動靴だったりする観光客。一気に下界へやってきた気分である。

一ノ越から雄山までは観光客と登山者とが入り混じって富士山のように なっている。ある程度ガレたところだが、どこでも登れるのでどこでも 登り、45分ほどで雄山へ。展望などというものは何もないが幸い雨に はあたらず。僕が見た立山の写真とはずいぶん違う。
ほとんど宿泊施設のような立派な休憩所があるが、これはもっと東屋み たいなものを想像していたのでびっくりした。ここでアルバイトの巫女 さんがお札を売るわけだ。
一応立山とはいえ、この場所は3000mはない。裏手へ回り最高点大 汝山へ。その昔はだいぶ汝という字も書いたが最近はとんと書かない普 段は使わない字。僕より年下で「汝」を読める人はあまりいないのでは ないか。
そして今回最初で最後の3000m峰がやってくる。目の前だが、一応お祭 りなので荷物を置いて山頂に立つ。といっても何が見えるわけでもない。 ただ、穂高の枝ピークを除けば最後に残った3000m峰。一応敬意を表し て山頂にタッチ。

展望のない山頂に長居しても仕方ないので、このまま真砂岳の方へ歩き、 真砂岳は分岐から空身で往復し巻き道を辿る。この場所が僕の見た立山 の写真だった。こんななだらかな山だと思っていた、のだが、やはり立 山は俗化していても決して山容自体が遥かになだらかなわけではなかった。

続いて別山も同じく分岐から空身で往復。きちんと奥側の2880のピー クを踏んだあと戻って巻き道へ。そして2874の乗越へ出ると左側に 鎖か梯子か、ちょっといやらしい感じの道が見えている。これ通るのや だな、と思ったら、剱沢方面は左手ではなく、そのまま直進してつっき れとのこと。

そしてこの尾根を乗り越すと巨大なカール。剱沢が眼下に見えてくる。 その大きさに感動。なにか、涸沢カールへ上からやってくるような感じ で、昨日までの宿泊地と違い一大キャンプ地へやってきた感覚。明るく 乾いたドライな感覚、めいめいが思い思いにすごす場所。

ふりかえると、あのを濃紺をぶちまけたような、いや、それよりは薄く 高い、やや秋味がかったすっきりとした空。

そして、いよいよやってきた剱岳。目の前ガスの中に湧き上がるピーク は、限りなくどす黒い緑色から立ち上がり一面鉛色の山肌を持つ重苦し い山。両脇の2614と八つ峰に守られた本丸の山頂はまだ見えていな い。代わりに見えているのは前剱。登山道はほぼ見えているが、屹立す る山にそのまま垂直についている。見るからに厳しそうである。
明日になればこの山に登る。

明日は早出。少し早い時間に寝たい。
そう思うときに限り、隣のテントで奇声があがる。つらいものだ。
幸いにも8時には寝てくれたので無事就寝することができた。

 ※剱沢
   水場要煮沸。トイレ遠い。
   張る場所を選べば快適と思うが、混雑する
   場所としては比較的快適で剱岳が真正面に見える一等地。


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net