サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

2002.8.15
 上高地→殺生
2002.8.16
 殺生→槍ヶ岳→双六小屋
2002.8.17
 双六小屋→新穂高温泉
2003.8.10
 新穂高温泉→双六小屋
2003.8.11
 双六小屋→鷲羽岳→黒部五郎小舎
2003.8.12
 黒部五郎小舎→黒部五郎岳→太郎平
2003.8.13
 太郎平→薬師岳→スゴ乗越
2003.8.14
 スゴ乗越→五色が原
2003.8.15
 五色ヶ原→立山→剣沢
2003.8.16
 剱沢→剱岳→奥大日岳→大日小屋
2003.8.17
 大日小屋→称名滝→称名駐車場

アドバイス
   

●2003.8.17 大日小屋→称名滝→称名駐車場 (豪雨)

5時30分に大日小屋を出る。たたきつけるような雨の中を駆け下りる。
最後まで黒部の魔物は魅せてはくれないようだ。
下って1時間で水場だが、だだ降りになっており水場以外の場所もあち こちで流れている。水場だと思って水を汲んだところは実際の水場とは 違う場所であった。
ひどいガレの急下降。ペースも上がらず、時として水の中に靴ごと足を つっこむような状況。大日平の小屋が見え始めるとまもなく木道に変わ る。空の色は明るいが、さりとて木道が水の下になるような降り具合。

局地的な豪雨の虞。まだ午前中の方が天気がマシなよう。ここは一刻も 早く下山しておきたい。木道を駆け抜け、端まで来ると称名へ向かって 一気に下る。

ひたすら地味で、ひたすら忘れられた最果ての場所でひっそりと流れ落 ちる称名の、天から地への劇的なくだり。ぬれた木の梯子に、ぬれた岩 に、足をとられながら、そして濡れた傷心。足を滑らせたら人知れず称 名廊下の露と消える。

ついに足に限界がきたようだ。山行中ずっとかばっていた右足ではなく 昨日から調子が悪い左足が悪い。いったん立ち止まる。もう下界は間近。 ガスの向こう側に見るネハン滝と手前の岩壁。一歩向こうには遥かな空 間を感じる。こんなところでは立ち止まれない。

樹林の中から首を上に向けて滝を眺めるようになり、登山道は横への移 動に変わる。何人かの登山者をすれ違いにやりすごし、もう滝の下へ出 たのか、と思った頃とてつもなくきれいに舗装された道路におりたつ。 晴れていれば富山湾まで歩くつもりだったが、この雨と、このボロボロ の足ではどうにもならない。やや小走りでバス停にくだり、待合室から バスに乗るにも雨合羽が必要なほどの降り具合の中、無事9時5分の車 中の人となった。

下山地には観光客の嬌声が鳴り響き、それが右の耳から左の耳に抜ける のが常だ。しかし、この最果ての地にはそれさえない。たった2人の人 だけが、静やかに歩くのみであった。その音さえも、ひたすらな雨はか き消そうとする。

ガスの中屹立する悪城のぬれた岩肌
自分の人生を見た
最果ての地で、最後の山の香が
車窓から消えていった―――


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net